RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 心の内にあるもの。 | main | サンフランシスコFMブルースが好き。 >>
競輪やってリフレッシュや!
0

    5月24日   曇り   起床4時

     

    朝食    焼き野菜

         (ミニトマト・ナス)

          卵巻き

          りんご・ヨーグルト

          青汁

     

    小松から伊豆稲取まで、電車で6時間掛かる。

    車内ではたっぷり本を読めるし、考え事も出来る。

    特にこだま号車内は空いていて快適。

     

    今回は気になった本を読みながら、ノートを取った。

    ノートを取りながら考え事をした。

    そのせいか片道6時間は、体感として2時間だった。

     

    二日続けて競輪場に通った。

    一日目は妻と、二日目はひとりで。

     

    伊東の駅前から無料バスが出る。

    二日目は10時15分発に乗り込んだ。

    車内は満員。ほぼ全員が年金暮らしに見えるが、

    どうだろう。

     

    本日は伊東競輪本開催と、前橋場外の二本立てで行こう

    と、欲の皮を突っ張らかした。

    でも、この二刀流は失敗。

     

    忙しすぎて何もヒラメかず、少しづつ金が減っていく。

    前橋をあきらめ、伊東だけに集中しすることにした。

     

    昼食は伊東駅で買った「ぎおん」の幕の内弁当810円。

    戸外のベンチで、この大好きな弁当をゆっくり喰った。

    ハトが一羽寄ってきて「なんかくれ」とうるさい。

     

    「ほらよ」と飯粒をやると、気が狂ったみたいに踊りな

    がらついばんだ。うれしそうだ。なんか気分がいいぞ。

    どうもそこから流れが変わった。

     

    僕は或る方法を思い出した。

    実践すると、面白いように3連単が当たるではないか。

    それは競馬場で学んだ方法。ここでは秘密。

     

    最終レースは4点買って的中。

    3連単5490円。競輪ではおいしい中穴。

    その車券は換金しないで娘にプレゼントした。

     

    さて。

    気分転換バッチリ。

    ここからは6月2日のライブのみに集中。

     

    80歳を過ぎた老婦人がマッツにチケットを買いに来ら

    れた。

     

    「わたし、佐々木忠平さんが気になって仕方ないの、

     こんなお婆さんが来てもいいかしら」

    「大歓迎です!少しうるさいかも知れませんが」

    「ロックですからね、覚悟してます」

     

    どうよ、どうよ、どうなんよ!

    日本のロック、どうなんよ!

    ちんたらヤルんじゃねーぞ!

    このボケ!もっともっともっと集中せーや!

    このダラが!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955753