RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 競輪やってリフレッシュや! | main | 故郷を殺すな! >>
サンフランシスコFMブルースが好き。
0

    5月26日   晴れ   起床3時

     

    朝食   焼き野菜

        (ナス・ピーマン)

         卵巻き

         ベーコン

         りんご・ヨーグルト

         青汁

     

    今朝も朝飯から炭水化物を抜いている。

    なのに痩せない。理由は明白。

    母親が「ぼた餅」を買ったからだ。

     

    喰わなければいいが、そんなこと、ぼた餅に対して

    失礼だ!

     

    日本人男子が「ぼた餅」を無視しては、コモンセンスに

    反する。日常的にも、文化的にも、伝統的にも、常識だ

    ろう。

    なんてゴタを並べても、出た腹は引っ込まない。

     

    腹を引っ込めようと歩いていたら、知らぬ間に或る曲

    を口ずさんでいた。それは次のフレーズ。

     

    「酒の匂い、煙草の煙、それこそ男たちの人生」

     

    横浜のカントリーロック・バンド「オレンジカウンテイ

    」の曲だ。

    でも、なんで今頃、この忙しい時に、浮かぶんだろう。

     

    何故だ?

    すぐにヒラメイタ。

    オレンジと云えば飯田君、飯田君と云えばダグ・サーム?

    そうだ!「ダグ・サームのメロを思い出せ」と、神様が告げ

    とるんや!

     

    そしてや、「それこそ男たちの人生」と云う詞が、心に

    引っ掛かってるんやわ、きっと。

    なんか、一曲出来たような気になるけどね。

     

    モリカケから、佐川から、福田から、今のアメフット藤田

    さんまで。昨今、テレビを騒がしてる問題のキーは正に、

    「それこそ男たちの人生」ではないか。

     

    多分、福田を除けば「酒も飲まず、煙草も吸わず」な男達

    が、ワイドショウの主役だ。

    やっぱ、煙草を吸わなくなって、男たちは堕落した。

    僕も煙草やめたけど、心の内では吸ってる。

    なんか、訳わかんないけど。

     

    まず。

    僕は煙草を吸う男が好きだ。断固好きだ。

    煙草を吸う男の生き方が好きだ。

     

    ここで云う「生き方」とは「間」のことだ。

    「間」のある男とは話しやすい。

     

    男の「間」とは、倦怠感、罪悪感、自己嫌悪、などが混

    ざり合い、発酵しあい、そこから生まれる「生まれなき

    ゃ良かった」的な、ニヒルなフェロモンね。

    ホルモンではなくフェロモンね。

     

    さてと。

    トランプ先輩はなかなか頼もしい。

    北はあの手この手で来るからね。

    ほんと、安倍晋三首相がいて良かったでしょう。

    頼りになるんじゃないかなウサギちゃんは。

     

    北は中国やロシアと比べれば、大したワルではない。

    中国とロシアは最低のワルやから。

    まあ、米国はその上行くかも、ウヒヒヒ。


    気持ちは焦っているが、何をしている訳でもない。

    やたらと早く眠り、早く目覚めている。

    でも、目標を持つのはいい。目標をもてば、ひょっとし

    て成長するかもしれない。

     

    いくつになっても成長しなくちゃ。

    そうでなきゃ、面白くない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955754