RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< エレキに新しい弦を張る。 | main | アイドルを報道番組から解放しろ! >>
欲望目覚める夏物語始まる!
0

    6月7日  快晴  起床5時

     

    朝食    豆腐とナスの味噌汁

          ソーセイジのもやし炒め

          キムチ

          ご飯

          りんご・ヨーグルト

          青汁

     

    いやはや、6月2日はお陰様で無事終わりました。

    来場の皆さま、来られなかった皆さま、お世話に

    なりました。

     

    なんと、5日の早朝から歯が痛くなり、なんとか午前中

    は我慢できたけど、昼食を油断して喰ってからはとても

    耐えきれず、歯医者に飛び込んだ次第です。

     

    Y医師は、「またか」とげんなりした顔をしながらも丁

    寧に虫歯の現状と、これから行う治療について説明して

    くれました。そして拷問のような治療が始まったのです。

     

    「痛かったら左手上げてね、右手だと僕とぶつかるから」

    嗚呼、僕は何度左手を挙げたでしょう。

    「うーーーん、麻酔が効いてない場所があるなー」

    Y医師は必死に治療してくださった。

     

    治療と、歯のクリーニング、合わせて1時間半掛かった。

    もうぐったり。

     

    治療台からYさんの庭をぼんやり見つめながら、「嗚呼

    コンサートは終わったんだ」と思いました。

    僕はコンサート後も、ずっと興奮していた。

    それがようやく、拷問と共に、終わった訳で。

     

    バンドの調子は最高でした。

    僕の声も太かった。

    松浦があんなに速弾きするの、初めて見た。

    沖村のスネアも、ジャストで決まった。

     

    山下は軽く狂っていたし、ハジメは必殺技を次々繰り出した。

    「今日は山下の日やったなー」

    打ち上げで僕が云うと。

    「あんたが一番楽しそうに見えたわと、嫁に云われました」

    山下の言葉に一同拍手。

    いい夫婦ですねー、僕はそんなこと一度も云われたことない。

     

    出番前。

    僕の格好を見て、松浦が云った。

    「忠平さん、ハンニバル・レスターや、脱獄した後の、

     映画の最後の場面に出て来るでしょう、あれですわ」

    他の人は「ハワイ帰りかいな」と云ったけど。

     

    やっぱ、松浦のセンスは凄い。

    一発で見抜いた。

    いや、見抜いたと云うか、ええこと云うやないか。

    ほんと、その気になったで。
    松浦君、ありがとう。

     

    皆さん!いろいろありがとう。

    アホな男ですけど、これからもよろしくお願いします。

    とりあえず無事終了したことを、お知らせします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:21 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    ほんまほんまバリバリの最高の城ヶ島聴きました〜
    「ええ声や」と自分でも言うてはりましたが、ほんまにええ声で迫力も満点でした。
    声だけちゃいます、しゃべりもいけてましたよ。
    私も興奮冷めやらず、内灘のサイコウの夕陽みながら散歩して♪夕陽の中に〜と歌っております。
    | arison | 2018/06/07 11:45 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955757