RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< アイドルを報道番組から解放しろ! | main | 「トラスト・ミー会談」 >>
落ちるとこまで落ちるしかない。
0

    6月10日  曇り  起床6時

     

    朝食   バター・トースト

         焼き野菜(ナス・ピーマン)

         ソーセイジ

         牛乳     

         りんご・ヨーグルト

         青汁

     

    リュックに着替えのT-シャツと、短パンと、弁当

    を詰込み歩く。

     

    日曜日なので通りには誰もいない。

    市立図書館も芦城公園も人気がない。

    「寂しい街やな」

    でも、これはこれで、静かでいい。

     

    生きる目的は何か?なんて考えるかね?

    まあ、若いうちは考えないわな。

    若い男は女に夢中だし、僕は女とロックで頭が一杯

    だった。

     

    いや、生きる目的なんて考えるだけ無駄だ。

    「なんで俺はジェームス・テーラーや、J・ブラウンに

     興味がないのか」

    「南部系は好きだけど、ウエストコーストのフォーク

     系は苦手だなー」

    それを考えてる方が楽しい。

     

    僕の場合、ロックがあって助かってる。

    ジャズ喫茶で轟音でモダン・ジャズを聴き、それをカッ

    コいいと思い込んで女を口説く。そんな全共闘の仲間に

    なるのはまっぴらだった。

    僕は「孤独になる音楽」は、好きじゃない。

     

    「むしゃくしゃしたから」

    新幹線の中で無差別に人を襲った男がいる。

    「もうこの国は終わりかな」

    そう思った人は多いだろう。

     

    「すでに終わっている」のかも知れない。

    すでに終わった国でも、生きて行かなければいけない。

    憲法9条の元で、日本は終わった。

    しつこいかな。でも、そうだと思う。

     

    何もかもが力を失った。

    特に平成は、ろくなことがなかった。

    次の年号の下でも、多分、良いことはないだろう。

     

    でもそれぐらいにビビッてはいけない。

    まだまだチャンスはある。

    戦時中のことを思えば、まだまだマシだ。

    終わるなら早めに終わってくれ、日本よ!

    僕の故郷、日本。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:33 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    芦城公園?であれこれの忠平さんと
    ♪ハイウェイの路肩に座り眺めている。みんなどこかに向かっている。やることがあるんだな、自分たちの生き方が間違っていないと安心できるまで・・・と歌うジャクソンは私にとっては二人とも思考の人であり、グッとココロに響くのであります。

    ♪愛にはココロが必要と歌うジャクソンと♪舵取るオレにまかせて心配しないでおやすみ〜と歌う忠平さんはどちらもロマンチストであり、めちゃキュートや〜と思います。

    七転び八起ですわ!
    | arison | 2018/06/11 10:00 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955759