RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏来りて我は久々に牛を食す | main | 時代の風、まだ見ぬ夏 >>
南国土佐を後にして
0

    6月23日  曇り  起床5時

     

    朝食   焼きソーセージ

         焼き野菜(玉ねぎ・ナス・キャベツ)

         レーズン・トースト

         卵巻き

         牛乳

         青汁

     

    新しいTシャツを買いに「しまむら」へ。

    夏用の敷きマットとTシャツ3枚購入。

    Tシャツは一枚500円。

     

    「金沢大和・紳士服売り場」で買った夏用ジャケットは

    ¥50000円。その下に¥500円のTシャツを着る訳

    で、ウヒヒヒヒ。

     

    まあ紳士服売り場と云っても、僕が通うのはキングサイズ

    ・コーナーで、そこにはダーバンとインターメッツォーし

    か置いてない。

     

    デブが着れるのはその二つのブランドのみ。

    それも注文は出来ない訳で。

    「ここに有るものから御選び下さい」なワケ。 

     

    キングサイズ・コーナーの近くには「ラルフ・ローレン」

    「マッキントッシュ」「パパス」があり、歩いてすぐの場

    所に「ブルックス・B」「ラコステ」がある。

    すべて僕には縁がない。

     

    夏用敷きマットに寝転んで「リンカーン・ライム・シリー

    ズ」を読む。

     

    6月に読んだ本の白眉は、門田隆将著「奇跡の歌」だ。

    副題は「戦争と望郷とペギー葉山」。

    内容は、名曲「南国土佐を後にして」についての話。

     

    「南国土佐を後にして」は僕のフェイバリエットだ。

    こんな楽しくて切ない曲を、僕は他に知らない。

     

    この曲は中国戦線にいた兵隊が作った。

    だから軍歌なんだろうが、いやいや、そんな単純ではない。

     

       南国土佐を後にして 

       中支へきてから幾歳ぞ

       思いだします 故郷の友が

       門出に歌った よさこい節を

         土佐の高知の はりまや橋で

         坊さんかんざし 買うを見た

     

       月の露営で 焚火を囲み

       しばし娯楽の ひとときを

       俺も自慢の 声張り上げて

       歌うよ土佐の よさこい節を

         みませ 見せましょう 浦戸をあけて

         月の名所は 桂浜

     

       国の親父は 室戸の沖で

       鯨釣ったと いう便り

       俺も負けずに 手柄をたてて

       歌うよ土佐の よさこい節を

         いうたちいかんちや おらんくの池にや

         潮吹く魚が 泳ぎよる

         よさこい よさこい

     

    以上が原曲に近い。

    「中支」を「シナ」としたりして、兵隊たちは慰安会でこ

    の歌を歌い、戦線に送られた。

     

    この歌をペギー葉山が歌うに至ったいきさつをメインに、

    話は「ドレミの歌」につながってゆく。

     

    阿久悠が作詞した「舟歌」の構成は、「南国土佐」から来て

    いる。舟歌も主線のあとに民謡が歌われる。

    舟歌は「ダンチョネ節」で、そのメロディは「よさこい節」

    と酷似している。

     

    3番の「俺も負けずに手柄をたてて」のあたりで、切なさが

    抑え切れなくなる。高知の兵隊の思いが胸一杯に広がる。

    そして「潮吹く魚が泳ぎよる」で、切なさはドゥワーと解放

    され、はらわたからドクドク感動が立ち上る。

     

    こう云う曲は滅多にない。

    泣きたいときは「南国土佐を後にして」に限る。

    そもそもこんな曲を「歌謡曲」と云ったんだと思う。

    心が揺れる。揺れれば切なく、なお楽し。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955762