RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 南国土佐を後にして | main | 兼六園で出会った男? >>
時代の風、まだ見ぬ夏
0

    6月24日  晴れ  起床6時

     

    朝食   卵巻き

         きゅうりのごま油和え

         ご飯

         青汁

     

    この頃はなかなかに酒を飲んでいる。

    二日に一度は泥酔している。

    昨日は「えびすや」で、午後4時半から酒を飲んだ。

     

    6時からは「山下バンド」の打ち上げがある。僕と

    沖村公平はゲストに呼ばれている。

     

    「千春ちゃんの顔が見とうて来たんやぞ!」

    「またや」

    「6時から会合や、その合間に来たんや!」

    「またや」

     

    まったく相手にされない。

    でも顔は笑っている。それで良し!

     

    軽く酔ってから「山下バンド」の打ち上げへ。

    簡易スピーカーでデッドが流れている。

    「気を利かしとるんやから、忠平さん!」

    ベースのハジメが云う。

     

    総勢9名で10時まで飲む。

    フラフラな状態で「カンソ」へ。

    隣に山下君が座る。

     

    「なんで一曲目がノーノー・ボーイなん?」

    「こびてますかね」

    「なんでデラニー&ボニーみたいなブルースやらんの?」

    「ブルース受けますかね」

    「当たり前やろ!必ず受ける」

    「そうですかね」

    「ノーノー・ボーイは受けんだろうな」

     

    まあ、歳上なので、これくらいのカラミは許してね。

    もっともっと曲数増やして下さい。

     

    酒を飲んでる最中、面白い発言があった。

    「フォークやってるのが左で構わんが、何でロックが

     左なん!おかしいやろ!」

     

    いいねー、その通りや。

    ロックは保守に決まっとる。

    ロックが左に寄ったらカッコ悪いわ。

    なんてね、小松はやっぱええとこや。

     

    今晩はライブを観に金沢へ行く。

    松浦善博が奥田民生君のステージでギターを弾く。

     

    「ぜひ観に来てください」

     

    メインがギター弾きの場合、ゲストで呼ばれたギターリス

    トは悩むんじゃないか。

    メインより上手く弾いたらメインを傷つける。

    少し控えめにプレイしながら、どこかで神技をチラっと出

    すしかない。

     

    ドラムのみなと君に会うのも久し振り。

    奥田民生ワールドの中で、松浦がどんなギターを弾くのか

    楽しみ。じっくり観さしてもらう。

     

    ツアーの最中、松浦とみなと君は語り合ったとか。

    「ロストプラネット・ミュージックについてですわ」

    二人とも相当にマニアックだ。

     

    今年の夏は、何か新しい夏になるのかも知れない。

    予感がする。

    梯川の土手に吹く風は、僕をどこに連れて行こうとしてる

    のだろう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955763