RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 兼六園で出会った男? | main | Wカップの合間に伊東競輪 >>
観たいけど観れないのよ
0

    6月28日  小雨  起床6時半

     

    朝食    卵巻き

          サクランボ・ヨーグルト

          コーヒー

          青汁

     

    ワールドカップ日本戦は、前回から見るのをやめた。

    まず、試合開始時刻が遅い。年寄りは起きてられない。

    そんで、ここが肝心だが、心臓に悪い。

     

    僕の場合は、そもそも心臓が悪いので、夜中に興奮する

    のは良くない。

    昨日は韓国がドイツを破った。こりゃあ、何が起きるか

    分からない。ポーランドが4点入れるかもしれない。

    なんか、そんな気が少ししてる。

     

    富山で元自衛官が警官を殺し、奪った拳銃で警備員を撃ち

    殺した。先日は新幹線の中にナタを持ち込み、隣の座席の

    女を襲い、止めに入った青年を惨殺した事件があった。

     

    「むしゃくしゃした」とか「頭にきた」ぐらいで、見ず知ら

    ずの人間を問答無用で殺す。人を殴るなら分かるが、殺すと

    なると、どうにも理解出来ない。

     

    三島由紀夫が云ったように、「天皇を中心とした国家」が

    日本人には一番合っていた。

    今の現状は、「戦後民主主義」と云う「思考停止主義」に

    どっぷり溺れた故の末路だ。

     

    どこに立派な民主主義があると云うのか。

    「無い」ものを「有る」と決めつけたのは誰か。

    国民による努力なしに「民主主義」が育つはずがない。

     

    西部さんの云うように、デモクラシーを「民主主義」と訳

    したのが間違いの始まりだ。デモクラシーは「大衆主義」

    と訳すべきだった。デモクラシーは全く当てにならない。

     

    「重し」がない。

    このままでは「抑え」が効かない。

    「天皇制」は充分に「抑え」となり「重し」となり、大衆

    の心を支え、安らぎを与えただろう。

    三島を笑う資格なぞ誰にも無かった事に、もっと早く気付

    くべきだった。

     

    僕が思うのはアナクロだろうか。

    いやそうじゃない。

    東大だの京大など、学者の云うことは鵜呑みにするが、

    芸術家の云うことはタワゴトだと思っているからだ。

     

    ならばこの国に芸術家はいらない!

    学者だらけでいい!

    でもね、政治家に影響を与えるのは学者じゃない。

    政治家を慌てさせるのは芸術家だよ。

    政治家と芸術家はコインの表と裏だから。

     

    「半分、青い」じゃなく「全部、青い」で良いジャン。

    青臭く行こうぜ!ベイビー!

    「大迫半端ねえ!」から「日本半端ねえ!」に。

    頼みまっさ、日本の青きイレブン達!

    健闘を心より祈ります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955765