RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 観たいけど観れないのよ | main | 夏の少女に会いたいなー >>
Wカップの合間に伊東競輪
0

    7月5日  雨  起床5時

     

    朝食    厚切りトースト

          卵巻き

          青汁

     

    今回のWカップで嫌いになった国は多い。

    理由ははっきりとはしないが、まあ、嫌いになったん

    だからしょうがない。

     

    白人の国は嫌いやねー。

    特にスゥエーデン。韓国戦を観て大嫌いになった。

    ヨーロッパや、北欧の社会主義国の男達は、揃いも揃っ

    て暗い顔してるし、プレーは中途半端やし、冴えんかっ

    たなー。

     

    スイス、デンマーク、スペイン、ポルトガル。

    もう一つや。

     

    日本のサッカーはとても良かった。

    組織ばかりじゃなく、個人技が素晴らしかった。

    ベルギー戦は3−0にすれば勝てたかも。

    ハンデ2点では勝てない。3−0か4−0に出来たと

    思うが、力量ではなく想像力が不足したか。

     

    今回、僕の注目は酒井宏樹だった。

    試合後のインタビューで。

    「顔見知りのベルギーの選手に、頑張ってくれ、応援

     するからと伝えました」

    彼は泣きながら云った。

     

    僕も泣いた。

    なんと優しい男なんだ酒井宏樹は!

    彼の家族は良い家族なんだろうと思った。

    「一点取れ!」

    なんて、下品なこと要求してご免ね。

     

    長友選手、昌子選手、胸張って凱旋帰国してください。

    ほんと楽しかった。お疲れさんでした。

     

    6月30日。

    僕は伊東温泉競輪場で、「宇都宮場外」に手を出した。

    「今日は荒れますよ」

    予想屋の云う通りだった。荒れまくった。

     

    最終レース。

    連単5−1で、ガチガチの1・7倍。

    僕は5−1を嫌い、連単5−7、7−5で勝負。

    オッズは5−7で15倍、7−5は35倍。

     

    結果は1番人気5番の平原が失速し、7−1−3で決定。

    連単7−1は1万5千円。

    3連単7−1−3は本日最高の12万円。

    なんともなー。

     

    でもねー、良いことはあった。

    下田行きの無料バスに乗れば、稲取まで行けることを発

    見した。

     

    バスはゴージャスな観光用バス。

    僕は起きたり眠ったりしながら、1時間の旅を楽しんだ。

    稲取に着いたのは午後5時半。財布はスッカラカン。

    これじゃあマズイと近くの郵便局へ。

     

    競輪帰りのお年寄りが、郵便局のドアから中を覗いて

    いる。

    「あっちゃー、土曜は5時までしかやっとらんで!」

    「えっ、そうですか?ディスペンサー駄目ですか?」

    「あんたどうするね」

    お年寄りは僕を振り返った。

     

    「ここからな、少し歩くけど、セブンイレブンがあるで」

    「はあ?」

    「セブンなら金降ろせるで」

    ここにおいて僕は全てを悟った。

     

    お年寄りは新参者の僕を心配してくれてる。

    僕が晩飯の金を持ってないと思ってる。

    「あんた、今日は大丈夫かや?」

    「はい、今日は何とか大丈夫です」

    「そうならええけど」

    お年寄りは帰って行かれた。

     

    なんかねー、優しさが身に染みた。

    今日はけっこう良い日だったかも。

    地獄で仏ね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955766