RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏の少女に会いたいなー | main | 行きたいとこに行こうぜ! >>
夏のスタイルや如何に!
0

    7月12日   曇り  起床3時

     

    朝食    烏賊のニンニク炒め

          厚切りトースト

          卵焼

          牛乳

          青汁

     

    雨が上がったので自転車でマッツへ。

    公会堂の裏から芦城公園に入る。

    女が一人歩いている。他には誰もいない。

     

    女の後姿をカウンシルする。

    「ぎりぎりセーフかな?」

    何がセーフやら。

     

    あれだけ雨が降れば、避難指示も、砂防ダムも、なんもか

    も関係ない。すべてが無力であり、すべてが役に立たず、

    すべてが空しい。

     

    或る新聞に、「日本は四季の国ではなく二季になった」と

    あった。「乾期と雨期」なら「二季」ではなく「二期」だ。

    タイとかマレーシアと同じか。

     

    石牟礼道子さんの本と、イザヤベンダさんの復刻本を買う。

    石牟礼さんに心の強さを求め、不安解消に山本七平を求め

    る。父親の世代は、今の日本をどう思うのだろう。

     

    憲法9条を改正しなかった、或いは、したくなかった故の罪

    は、かなり重い

    改正したとしても、骨身に沁み込んだ「怖がり病」と「平和

    を唱えれば平和になると思ってる病」は治らない。

     

    「もうどうだっていいや!虚しいだけだもん」

    吉田兼好や鴨長明も、こんな気分だったのかなー。

    うーーーん、現世を憂うのは日本男子の癖かね。

     

    気分が締め付けられると、パーッと解放したくなる。

    「福井競輪もあるでの!」

    心がざわめくがいね。

    「富山競輪においでなされよ!」

    誘惑に負けそうやがいね。

     

    「福井に泊まり込んで、競輪三昧の夏休みはいかが〜」

    「富山も忘れんといてね〜」

     

    云うとくけど、僕は今も競輪新聞が読めない。

    基礎的知識は皆無。要は、「感」だけで車券を買ってる。

    競馬なら少しは分かる。でも、その「少し分かる」が嫌だ。

     

    まったく訳の分からないギャンブルを、行ったことのな

    いギャンブル場で、ヤリまくりたい。それだけだ。

     

    うーーん、取りようによってはエロティックだなー。

    夏だからね、冬じゃないんだから。

    今年の夏をどう過ごすか!

    そのスタイルを、今夜あたり、「月光亭」で、カウンシル

    しましょうね。ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955768