RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏のスタイルや如何に! | main | 夏の研究。北陸のギャンブル場。 >>
行きたいとこに行こうぜ!
0

    7月15日   晴れ   起床5時

     

    ついに、富山競輪場を訪れた。

    クソ熱さにめげず、アホさに身をゆだね、欲望のまま

    に、僕は県境を超えた。

     

    富山市を訪れたのは数年ぶり。

    以前の古い街並みとはガラリ一変に驚いた。

    金沢よりもはるかに都会だ。

     

    駅からオシャレな電車に乗る。

    終点の一駅手前が「競輪場前」とある。

    結論から云うと、車以外で富山競輪場に行くには、この

    電車に乗るしか方法はない。駅からの無料バスはナシ。

     

    ここらが他とは違う。

    無料のバスなど出さず、客に片道運賃200円を払わすあ

    たりが、僕はとてもスマートだと思う。

     

    場内で、よく当たると云う予想屋の予想紙を買う。

    一日分700円。前半は中荒れだったが、彼は穴予想で万

    券をいくつか当てた。

     

    ただ1レースにつき予想点数が多過ぎる。

    僕の狙いは、予想点数が少なく、且つ、よく当たる予想屋

    だ。

     

    伊東温泉競輪で僕が利用する予想屋は、よく当たり、予想

    点数がとても少ない。彼の予想紙は500円。

     

    彼が選ぶ勝負レースは、一日に2レースか3レース。

    要は、そのレースに運をかければいい訳で。

    僕のような初心者にとっては、とても有難い存在だ。

     

    まあ、それはそうとして。

    富山までの電車の旅は行きも帰りも楽しかった。

    僕は各駅停車でゆっくり本を読み、窓の外で輝く初夏の

    緑に目を奪われた

     

    「予想屋探し」はきっかけだ。

    僕は決してギャンブラーではない。

    多分、ひとりになりたいんじゃないかな。

    ひとりになって、面白いことを考えたいんだろう。

     

    今度は福井競輪場に行こう。

    遠くはない。すぐそこだ。

    各駅停車に乗って、10の駅を過ぎれば福井だ。

    明日行くか!

    なんか、えらい元気やなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 18:35 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    やりたいことはなんでもやる!
    そうできる現状に感謝しつつ、今を生きる〜ですね

    ワールドカップロシアには行けなかったけど、歴史好きにはたまらんあこがれの日光東照宮もボンジョビもキュリオも花園ラグビーも今は大阪にいるけど忠平さんがLIVEするなら、内灘に飛んで行って小松に行く!これやね
    | arison | 2018/07/16 8:21 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955769