RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 行きたいとこに行こうぜ! | main | 懐かしい時代がそこにある。 >>
夏の研究。北陸のギャンブル場。
0

    7月19日  晴れ  起床6時

     

    朝食   鳥胸肉ソテー

         焼き野菜

        (ナス・ピーマン・ミニトマト)

         卵焼き

         きゅうりのごま油和え

         厚切りトースト

         青汁

     

    朝からかなり喰ってるなー。

    まあこれじゃあ痩せる訳ないわ。

     

    あれから。

    いつからか定かではないが。

    僕は福井競輪場に2度行った。

     

    ここがまた年寄りのパラダイスな訳で。

    冷房はガンガン効いて、もうそれだけで儲かった気分。

    場内はゆったりしてるし、食堂の充実ぶりは、富山や金沢

    をはるかに凌ぐ。

     

    日替わりのおかずは二品。

    当日の肉料理は、シュウマイとソーセイジとサラダで

    300円。

    魚は、鮭焼きに大根おろしで250円。

     

    その二品にご飯をつけてもらうとサービスでお新香が出た。

    おかずもご飯も実に旨い。

    ペロッと完食。

     

    おばちゃん3名がおのおのカウンターを受け持ち客を誘う。

    一日中ここで酒を飲んでもいい。

    雰囲気は何故か博多に近い。

     

    福井弁は九州弁とかぶる。

    「〜するとやね、かあちゃんが腰抜かしてしもうたんや」

    「〜しとると、あいつが呼びに来たんやて」

     

    場内は年寄りばかりだが、みな明るい。

    ほんと、よくしゃべる。

    富山の競輪場も、みなよくしゃべった。

     

    それに比べると、金沢競馬場は暗い。

    悲しいほどに暗い。

    石川の県民性は、僕等が思ってる以上に暗いのかも。

     

    僕はこれほど両県民が明るいとは、想像していなかった。

    両県ともに、地形も、人間性も、ゆったりしている。

    「豊かさ」において、我が石川は劣っている。

     

    豊かさを感じさせるのは「なつかしさ」じゃないかな。

    そして自信ね。

    富山県民、福井県民であると云う、ゆるぎのない自信と

    強さを、僕はひしひしと感じた訳で。

     

    石川県は県名が悪い。

    石と川だもん。骨と皮を連想する。

    徳川の譜代藩は、県名と県庁所在地が同じだときいた。

    福井県は福井市。富山県は富山市。

     

    でも、外様は違う。

    石川県は金沢市。なんかなー。

     

    明治維新の頃、加賀藩は官軍として戦った。

    前田の殿様が佐幕派から、ある日突然、尊王派に鞍替えし、

    北陸においては、官軍の急先鋒となった。

     

    でも、突然の変節は信用されず、加賀藩はエライ目にあっ

    た割に、明治政府の要職にはつけなかった。

    後の大久保暗殺は、加賀藩の脱藩浪士がやったが、その辺

    の事情があったかどうかは知らない。

     

    加賀藩はパッとしなかった。

    藩内の尊王ジョーイに燃える有望な若手をほとんど殺した。

    殺しといてコロッと変わった訳で、それじゃあ誰にも信用

    されませんて。

     

    観光都市金沢で喜んでちゃダメでしょ。

    五木寛之さんの口車にホイホイ乗っかって。

    東京ばかりを見ているしね。

    いつの間にか、心の貧しい県になってしまいましたね。

     

    一番セコイのは小松だけど。

    セコイ小松はもうやめようや。

    損か得だけで一生終わりたくないでしょうが。

    「でもそれが人生やないか!」

    まあね、そうかもしれない。

    でもそれだけで死ぬのはいややわ!

    いややいやや! もひとつ、いややーーーーー!

     

    追伸  終戦の年、昭和20年7月19日。

        B29の編隊は福井上空に飛来し、市街地は

        焦土と化した。

        

        同じく8月2日。

        B29の編隊は富山上空に現れ、総重量1400

        トンもの焼夷弾を投下し、2700名を超える死

        者をだした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955770