RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏の研究。北陸のギャンブル場。 | main | 思い出は麻薬以上に効く訳で >>
懐かしい時代がそこにある。
0

    7月22日  晴れ  起床5時半

     

    朝食   卵巻き

         きゅうり胡麻油あえ

         厚切りトースト

         牛乳

         青汁

     

    今日の朝食は控えめ。

    昨日は喰いまくった訳で。

    まあ、気休め。

     

    午前7時。自転車でGO!

    今日、マッツは午前8時オープン。

    早い分には一向に構わない。

     

    或る日の福井競輪場での昼食メニュー。

     

       五目寿司とお稲荷さんのセット

               420円

       春巻きとウインナーとサラダのおかず

               300円

     

    おかずは古いガラス戸のショーケースに入ってる。

    上段には焼き魚と煮物。後段には春巻きの皿が並ん

    でいる。

    なんかね、懐かしくてね、泣きそうになる。

     

    福井市はこう云うのは安いんだけど、コーヒーが高い。

    駅の「コロラド」。ホットは460円

    小松駅のジャーマン・ベーカリーは300円だから。

     

    子供の頃。

    気温35度なんて夏はこの世に無かった。

    「おい、昨日、30度あったらしいぞ!」

    「ほんとかいや!死んでしもうな」

     

    身体の水分がなくなる夏を、ただ夏と云っていいのか。

    これは夏ではなく、何か別のものだ。

    小学生の頃、夏は野山を駆け巡った。

    そんなとき水筒を持ってる者は一人もいなかった。

    もちろん倒れる者もいなかったが。

     

    最後に。

    社民党の某女子議員様。

    IR法を「博打法案」と叫ぶのは品がないので止めて欲し

    い。バクチしたこともないであろう人間が、何か悪いこ

    とのように、賭け事をさげすんで「バクチ法案」と云う

    のは、なんとも滑稽だ。

     

    「バクチ」は庶民労働者の、慰安であり娯楽ですよ。

    英国の労働党はゆえに控除率を下げ、労働者国民を守っ

    て来た。なのに日本社民党は今も無知をさらけ出し、時

    代遅れの思い込みから一歩も出れない。

     

    人間は色んな事に悩み苦しむ。

    或る者は酒を飲み、或る者は賭け事でうさを晴らす。

    女で晴らすのもいるだろう。

     

    この程度の事も分からない御仁が、国会議員とはね。
    職業は弁護士とか。弁護士なんてのはこんなもんですか。

    アホらしい。いつでも正義面して、大嫌いだ。

     

    正義ってなんですか!正義は六法全書の中にだけ存在する

    んですか?そんなこと信じてるから常にアホなんですよ、

    あなた方は。

     

    「書を捨てて、競輪場に行こう!」

    だから云ってるでしょう!芸術家の云うことは政治家以上

    だって、ね、寺山さん。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955771