RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 懐かしい時代がそこにある。 | main | 幸せな夏の情景 >>
思い出は麻薬以上に効く訳で
0

    7月25日   晴れ   起床5時

     

    朝食   卵巻き

         肉団子

         きゅうり塩もみ

         厚切りトースト

         牛乳

         青汁

     

    今年は小松の夏と福井の夏を楽しんでる。

    福井市で出会った一番の美人は、某予想紙を売って

    るオバチャン。

     

    70は過ぎてると思うが、体形はスラっとして本格的

    な美人。「本格的な」とは、元映画女優かもしれない

    と思わせるほどの、と云う意味。

     

    可愛いとかのレベルではない。

    冷たいほどの美人だ。なかなか福井はやるなー。

     

    こないだは午前10時にメチャメチャ腹が減り、福井

    駅前のスーパーで弁当を買った。

     

      鳥照り焼き弁当 450円

     

    これが安い割に大盛りで旨かった。

    喰っても喰っても鳥肉が減らなかった。

    この弁当もそうだが、ご飯がとても旨い。

    いいねー、ご飯が旨いって、最高だ!

     

    そんで、夏の間にもう一度富山市にも行きたい。

    ホテルをとって2日は過ごしたいな。

    酒も飲みたい。

     

    福井から小松に帰る無料バスの中でひらめいた。

    リンディス・ファーン作

    「ミート・ミー・オン・ザ・コーナー」

    その3題目。

     

    レイダウン・ユア・バンドル

    レッグス・アンド・リマインダーズ

     

    レッグスはガラクタ。リマインダーズは思い出。

    「あっそうか、そうだよな」

    Mr.ドレームセラーが売ってたのは麻薬ではない。

    分かってて意識してなかったけど。

     

    彼が売ってたのは麻薬ではなく、単なる夢でもなかった。

    子供の頃のガラクタと思い出だ。それらを再び手に入れれ

    ば、この窮屈で暗い世界を忘れられる、と云う歌だった。

     

    そんな麻薬なら山ほど欲しい。

    「思い出」が思い出せなくなったら、とても寂しい。

    金がいくらあったって、子供の頃の思い出は買えない。

     

    リンディスは20代の頃に、今の僕が思うことを歌にして

    た。凄いなー。

     

    「思い出」に出会いたいんですよ。

    そうでしょ。

    腐ったスイカやなんかで一杯のゴミ捨て場で、少年の僕は

    せっせとミミズを掘ってた。

     

    蒸れた匂いの中で。

    夏だった。

    「ミミズ掘っといてくれや」

    父からの命令を僕は受けた。

     

    「おう、わかったぞ」

    僕はミミズを掘るのが大好きだった。

    「次の日曜日はお父さんと魚釣りや」

    僕と父は日曜日には釣りに行った。

    父の漕ぐ自転車の荷台に、僕は竿を持ってしがみついた。

    あの夏の日に、帰れるのなら帰りたい。

     

    無料バスに揺られながら、そう思って泣いた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955772