RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 思い出は麻薬以上に効く訳で | main | 先輩!俺も土着で行きますわ! >>
幸せな夏の情景
0

    7月26日  晴れ  起床6時半

     

    朝食   グラノーラ

         卵巻き

         青汁

     

    福井での話を書こうと思って、小さなノートを買った。

    その日気になったことや、出会った人の事、聴こえて

    きた話などを書こうと思って。

    まるで「福井ウォッチャー」やね。

     

    福井駅に向かう競輪場からの無料バス。

    僕の前の座席の年寄りが、或る男について語り出した。

    或る男は金持ちになったが、昨日死んだらしい。

     

    年寄りはその男の悪口を言いながらついには激高した。

    バスの客は全員知らんぷりを決め込んでる。

    「役人に取り入っただけやないか、あんな奴!」

    あまりの怒りに方言がきつくなり意味不明に。

    「#$%&’やろが!あんときも&%$#”やった!」

     

    「福井の年寄りは時に激高する」

    これはノートに書くネタだと思った。

     

    バスを降りると、その年寄りが話しかけて来た。

    「アツうて、やりきれんですなー」

    怒りは消えている。並んで駅の構内まで歩いた。

     

    金沢行きの鈍行に乗り、さっそく今見た話をノートに書

    き出した。僕が気になったのは男の服装だった。

    歳は70を超えてるだろうに、彼の履いてるパンツは見

    ようによっては、レゲエ風に見えた訳で。

     

    ふわっとして軽そうだったし、よく見ると模様が入ってい

    た」。そうなると彼の被ったストロー・ハットも気になる。

    何より彼の髭ずら。それも伸び放題の。

    「レゲエのオッサン?」

    「ワンラブ?」

    「左翼?」

    「いやいや福井の国士?」

     

    楽しくなって書いていると大聖寺駅ではないか。

    「次の停車駅は加賀オンせ〜ん、加賀オンせ〜ん」

    僕はペンを止めて、窓の外の景色に目を移した。

     

    「動橋」と書いて「いぶりばし」と読む。

    今日のベストショットは、動橋から粟津駅まで広がる平野

    の広大なこと。いやー凄い!見事に広い!感動する。

     

    これは気持ちがいい。

    田んぼや畑や草地が、ドドーンと広がって、しあわせーな

    気持ちになる。因みに、粟津は小松市ね。

     

    なんか、絵日記書いてるようや。

    小松駅から福井駅まで特急で30分。

    各駅停車はきっちり60分。

     

    この日の昼の弁当は、福井駅のスーパーで購入。

     

       トンカツ弁当 ¥398円

     

    安い!味もボリュームも大満足。

    福井の弁当はどれもズシリと重いのよ、ウヒヒヒ。

    イイネー福井!よろしく頼むぜ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:54 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    広〜い。
    大阪から石川に来て思うのは空間。
    内灘の自然だけではなく金沢の街中でも空間が息をいっぱい吸わせる〜。ええなあ〜って思う。

    でも大阪は大好きで、この行ったり来たりが結構気に入ってます
    | arison | 2018/07/30 7:40 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955773