RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 幸せな夏の情景 | main | 右手が上がらない。 >>
先輩!俺も土着で行きますわ!
0

    8月2日  晴れ  起床6時半

     

    朝食   肉団子

         卵巻き

         ポテトサラダ

         鶏のから揚げ

         茄子のオランダ煮

         茄子のヌカズケ

         ご飯

         青汁

     

    ビールをグイっと飲みたくて「えびすや」に行くと、千

    春ちゃんが「やっぱりHさん駄目やった」と僕に告げた。

    常連のHさんが亡くなった。

     

    Hさんが「えびすや」に見えなくなって2・3か月過ぎた

    頃。具合が良くないとの風の便りに、「えびすや」はすぐ

    に彼と連絡を取ろうとしたが、Hさんは独り身で携帯を持

    っていなかった為、僕等はHさんの消息を不安な気持ちで、

    ただ待つしかなかった。

     

    「体重が10キロも落ちてな・・・」

    それがHさんの最後の言葉だ。

    Hさんは土着の書家であり陶芸の作家。

    僕にとっては唯一人の、金沢美大の先輩だった。

    素朴で男っぽくて優しかったが、厳しかった。

     

    「作家は苦しいんや、そやろ、佐々木君。今度ゆっくり

     一杯やろや、な、わしんとこ来い」

    Hさんは71歳。早すぎる。

     

    「みなとや」の豊島さんは先日68歳でこの世を去った。

    東大出のユニークな作家として、東京神保町では有名だ。

    「みなとや」は、24時間営業の食堂としては、日本で最

    初らしい。豊島さんは父の跡を継ぎ、寝る間を惜しんで原

    稿を書き、母親と共に店で働いた。

     

    彼も独身。或る意味、玉砕的な見事な死だ。

    小松はあっと云う間に、二人の芸術家を失った。

     

    僕はこの暑さにもめげず、せっせと福井市に通っている。

    まったく知らない街に通い詰める気持ちは、好きになった

    女のいる街を訪れるのに似ている。

     

    少しドキドキする。

    背徳な感じがある。犯罪者がどこかの街に逃げ込むのは、

    多分、こんな感じなんだろう。

     

    競輪はきっかけだと思う。

    そもそも、どこかの知らない街に行きたかった。

    心の内に「もう、そんなに長くは生きられない」がある。

     

    でも、僕が真に福井を知ることは出来ない。

    僕にできるのは、昔の、忘れてしまった小松の情景を、

    福井から拾い集めることだ。

     

    福井には懐かしい小松がある。

    東京ばかりを気にして、二流の観光地まっしぐらの金沢

    は、ただ、やせ細って行く。

     

    富山にも懐かしい小松があった。

    福井も富山も「古臭さ」が残っている街だ。

    だからいい。

     

    「俺らはこれで良いんやて、な!」

    田舎者が東京に憧れているようじゃ話にならない。

    堂々としてようぜ!東京は思う程の街じゃない。

     

    ー 田舎者はカッコええのやて! −

     

    熱い夏が教えてくれましたがな。

    このテーマと目標でイクゾー!

    行くとこまで、GO!や!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955774