RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 右手の夏 | main | 父が選んだ子犬 >>
男は競輪場で磨かれる。
0

    8月9日  小雨  起床6時

     

    朝食   焼き野菜

        (ししとう、ナス)

         焼きソーセイジ

         青汁

     

    ようやく雨が降った。

    草木に水をやらなくて済むと、母親は喜んでる。

    湿り気程度の雨だが、まあ良しとしよう。

     

    昨日8月8日から、ウォーキングを開始した。

    ひと月後の9月8日に、体重が5キロ減ってればいいん

    だけど。

     

    昨日は梯川の土手を1時間ほど歩いた。

    大気はまだ少し蒸していた。

    一匹のヤンマが上空に静止し、羽虫を狙っていた。

    その凛とした姿、ラバウル上空のゼロ戦を思わせた。

     

    山根明氏が世間を騒がせ、ついに辞任した。

    友人の元組長から「あいつは立派にヤクザや!」と云わ

    れたんだから凄い。

     

    けっこう「出たがり」の「しゃべりたがり」かも。

    モリカケの幼稚園園長もユニークやったけど、山根さん

    もコテコテで、時代から遠く離れていて、面白い。

     

    こう云う人がテレビに出なくなると淋しい。

    「キカン・ガキ」が、そのまま大人になった訳で。

    まあ、あの顔で生まれたら、独裁者目指すしかない。

     

    きっと彼は女に弱い。

    女にもてるにはコワモテになるしかなかったろう。

    努力の人だ。

    オシャレだし、家族思いだし、ウヌボレだし、時代がか

    ってるし、どれもこれも面白いけど、完全なアホだ。

     

    彼は競輪強そうやなー。

    勘が良さそうやし、強気やし。

    「このレース、3−1で決まりや!ほかに何がいるちゅ

     うねん!そやろ、な!わしの云う通りに走るからよ!」

    この強引さ、この思い込み、大事ですねー。

     

    こういうところが僕には足りない。

    頭の中で、理屈やらデーターやらが渦巻いてる。

    アカン!これじゃアカン!

     

    ビシッといかんと!

    だってボンゴザの丁半が、日本古来の賭けやから。

    「丁」が出るか「半」が出るか、データー無いからね。

    思い込みのみ。勘一発で勝負!

     

    それが日本人のバクチ。

    だからね、競馬と競輪は全く違うのよ。

    競馬は勘に頼らない。でも、僕は少しづつ競輪に惹かれて

    る。人生は面白いわ。

     

    追伸

    高熊君に診てもらった。

    右手は昔に戻った。

    あまりに早く治った。

    日頃の行いをもっと良くしようと思った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955777