RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 男は競輪場で磨かれる。 | main | 文男は偉大なり、竹見を超えた。 >>
父が選んだ子犬
0

    8月12日   晴れ   起床5時

     

    朝食    卵巻き

          梅干し

          茄子の漬物

          のり

          ご飯

          青汁

     

    昨日、朝起きてメガネを掛けようとすると、なんか

    違和感がある。鏡を見ると、左目のまぶたが赤く腫れ

    上がってる。山根明もたじろぐほどの面相。悪人ずら。

     

    そうこうしているうちに寒気がしだし、僕は昨日一日

    寝た。クーラーの冷気が体にあたると気持ちが悪い。

    保冷剤をタオルでくるみ、頭を冷やしながら夜半まで

    眠った。

     

    左目はまだ腫れている。

    目の形を変えると、顔が一変する。

    暴力的で猟奇的な犯罪者の顔。

    右目と左目を違う形にするとそうなる。

     

    明日は墓参り。

    妹とふたりで。

    母親は足が悪いので留守番。

     

    昔、父と魚釣りをしてると雨が降って来た。

    「もう帰ろうか」

    僕と父は帰り支度を始めた。

     

    ふと見ると川岸にダンボール箱が置いてある。

    中を見ると子犬が数匹入っていた。

     

    子猫や子犬に全く興味のないはずの父が、箱の中を覗い

    ている。「このまま雨が止まんかったら死ぬやろな」

    僕が云うと父は「そうやな」とうなずいた。

     

    「一匹ひろてかんけ」

    僕は一番元気のいい赤犬を取り上げようとした。

    「いや、それんのうて、こっちがええ」

    数匹の子犬の中で、一番痩せて、一番見栄えの悪い子犬

    を父は選んだ。


    佐々木家の墓の中には、愛犬ちびが眠っている。

    ダンボール箱の中で、不安そうに震えていたちび。

    ちびは一度出産し、一度行方不明になった。

    やるだけのことはやった。なかなかの人生だったんじゃ

    ないかと僕は思っている。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955778