RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 父が選んだ子犬 | main | 人によって掘られたファウンテイン。 >>
文男は偉大なり、竹見を超えた。
0

    8月14日   晴れ  起床6時半

     

    朝食   卵巻き

         きゅうり・マヨ

         梅干し

         らっきょう

         青汁

     

    ほんの少し左目の腫れが引いた。

    昨日の夜は、濡れたハンドタオルを左目に当て

    て寝た。まあ、そのせいかも。

     

    昨晩は大川町西照寺のふみちゃんが来宅。

    8月19日西照寺での夕焼けライブへの出演を依頼

    された。

     

    「最後の最後に、出て頂きたいんですが」

    「了解。喜んで」

    あっさり受諾。断る理由はどこにもない。

     

    だいたいが、僕は言い出しっぺだし。

    ふみやら、大川町若者隊がご苦労されてるのに、参加

    せんかったら、親鸞さんのバチが当たる。

     

    因みにだけど、親鸞の教えが左翼的だと僕は思わない。

    戦後の浄土真宗の坊主たちが、勝手に左翼になっただけ

    の話だと思っている。

     

    「念仏は唱えてもいいし、忙しかったら唱えんでも

     いいぞ」

     

    こんな大らかな人が、今の日本的な左翼な訳がない。

    蓮如に至っては、「みんなで集まってやな、話ししたり、

    歌うとうたり、酒飲んだりしてたらエエんや」

    こうだから。

     

    ここまであっけらかんとした宗教は、多分他にはない。

    それを分かったような、分からんような文句並べ立てて、

    棺桶に片足突っ込んでる年寄りを、偉そうにサトすアホ

    坊主がいる。

     

    偉そうな坊主はひとりもいらない。

     

    所詮坊主は世間知らず。

    その自覚ぐらいは持って欲しい。

    都会でOL経験のあるふみちゃんは、とても貴重な存在

    だ。

     

    さて。

    この所の僕は、バチが当たり続けてる。

    右手が上がらなくなったり、左目の瞼がはれたり。

    何と云うか、かなり重要な個所を故障している。

     

    競輪場に通ったからだろうか?

    福井の弁当を貪り食ったからだろうか?

    日本人左翼の文句、言ってるからだろうか?

    お釈迦さんよ!何がいかんのかな?

    「答えは風に吹かれてる」ってか。

     

    ギャンブル依存症なんて知らないが。

    ギャンブルやり出すと「こうなる」なら。

     

    まず、ケチになる。

    かけ金がなくては勝負出来ない。

    すなわち、ギャンブルに使う金以外はすべて無駄に思え

    てくる。

     

    当然、女に興味がなくなる。

    金を使いたくないので、一番金の掛かる「女」を除外し

    だす。儲かった金は次のレースの資金。当然、女には使

    わない。

     

    「今日はきっと大勝ちするぞ!」

    はちきれんばかりにギャンブルしたい日は、必ず勝つ。

    不思議だが、すべて上手く行く。

     

    「昨日の負けを取り返したい!」

    こう思って勝てた日は一日もない。

    必ず負ける。いや、良くてトントン。気を抜けば泥沼に

    ハマる。

     

    やったことはないが、株式投資もきっと似てるはずだ。

    証券会社のおすすめは、予想屋の赤丸予想と同じだ。

    自分の勘を頼りに買える人は凄いと思う。

    ほとんどの人は誰かの「おすすめ」に乗ってるだけだ。

     

    競馬も競輪も、ギャンブルと云うより、ゲームに近い。

    すぐに結果の出るゲーム。それだけのものだ。

    「金儲けしたいから」

    なんて理由なら、バイトしたほうが確実だ。

     

    でもね、公営競馬場や競輪場、僕は好きやなー。

    古くてぼろくて、それが愛おしいんやね。

    あんな空間、芸術家は作れんやろ。

    錆びた柱、土間のような凸凹の床、妙に広いトイレ。

    いいんじゃないの。

     

    時代遅れって最高だ。

    特に、うだるような夏のギャンブル場は、カッコ

    いいんだよねー。静止してるからさ、風景が。

    動いてるのは風だけ。目に見えない風だけね。

     

    ソロソロうずいてきたなー。

    アホな性分が、充実してきましたで。

    的場君も日本記録達成したし、

    俺も「フミオ」で行きたい訳ですなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    仏教に興味を持ったのは親鸞の「唱えるだけで極楽浄土に行ける〜」というこのeasyさだったように思います〜。
    でもジミークリフの歌を聴いて、死んでからより今ここでしあわせになりたあ〜いと思った若かりし頃・・・です。
    | arison | 2018/08/15 9:17 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955779