RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 文男は偉大なり、竹見を超えた。 | main | 天にまします月光亭 >>
人によって掘られたファウンテイン。
0

    8月16日  雨&晴れ  起床6時

     

    朝食   厚切りトースト

         たまご巻き

         肉団子

         きゅうりの漬物

         牛乳

         青汁

         アイス・コーヒー

     

    身体の不調で中断していたウォーキングを再開。

    昨日は、1時間近く梯川の土手を歩いた。

     

    帰宅後、シャワー。

    それから夕食の準備をし、食事し終わるとバタンキュー。

    そこで一日が終わった。

     

    僕の災難は「右手」と「左目瞼」に留まらなかった。

    何気に、久し振りに使った、電気髭剃り機が大不調で、

    鼻の下やらそこいらの皮膚を削りとってしまい、出血

    する羽目になってしまった。

     

    これがなかなか治らない。

    「左目瞼」の腫れ、それに加えてチンピラ風キズとなると、

    かなりな悪相と云うか、間抜けずらと成った。

     

    「戦争してはいけない」

    「平和が一番大事です」

    こう云う言葉は、決してストンと来ない。

     

    北朝鮮が攻めて来ても「戦争してはいけない」?

    これはおかしいでしょう。

    「はいどうぞ、好きなようにしてください」

    それじゃあ変態だ。

     

    「戦争してはいけない」ではなく「戦争で負けてはいけ

    ない」が正しい。そして「平和」の為の「戦争」もある。

    何もしなくて「平和」など、残念ながら無い。

     

    日本の悪口云うの、僕、大好き。悪口ぐらいはね。

    でも、戦前の日本や軍人を「悪」と云う人は嫌やね。

    確かに軍人は暴走した。でもね、彼ら軍人以上にこの国

    に熱意を持った者はいなかったんじゃないの。

     

    陸軍士官学校や陸大を出た軍人たちは、頭も良かったし

    体も鍛え抜かれていた。当時の東大出なんてのは二流。

    「東大出なんて魅力無かったわ」母はよくそう云う。

     

    貴族や国会議員じゃ軍人に勝てなかった。

    そう云うことでしょうね。

     

    人は時代に生まれ、その時代を生き、時代と共に死ぬ。

    これを道理と思わないとすべてが狂う。

     

    70年代を生きた僕は、70年代的歌を作り死ぬ。

    時代の持つ価値こそが僕自身だからだ。

    或る時代の事を、違う時代の者が批評するなら、相当な

    イマジネーションを必要とする。

     

    70年代の中心はミュージック。

     

    そこから新しい生き方、暮らし方が生まれた。

    自然に還る者。新しい街を構築する者。新しい人と人と

    の関係。現在、重要だと思われることは、ほとんど70

    年代が生んだ。

     

    その発想の源がミュージック。

    カッコいいなー、最高だ!

     

    ミュージックを「音楽」と訳したのは大失敗だと思う。

    デモクラシーを「民主主義」と誤訳した如く。

     

    ビートルズが泉を掘り、その泉を、巨大な湖に大きく広

    げたのがグレートフル・デッド。

    まあ、僕はそう思ってる。

     

    時代はそこで今もステイしている。

    再び大きく動き出す日は来るんだろうか?

    もし来れば、それが次の時代だ。

    年号が変わっても時代は変わらない。

    時代の持つ価値はけっこう強固だ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    <時代の持つ価値こそが僕自身だからだ。
    パチパチ!まったく〜その通りですよね
    | arison | 2018/08/17 5:08 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955780