RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 人によって掘られたファウンテイン。 | main | 夏の終わり、台風と猫 >>
天にまします月光亭
0

    8月19日  晴れ  起床5時半

     

    朝食    カモリと茄子の煮もの

          きゅうりの酢の物

          肉団子

          ご飯

          青汁

          アイス・コーヒー

     

    今日は夕刻に、西照寺で歌わねばいけない。

    午前7時、自室で「お歌」の練習。

    8時過ぎ、自転車でマッツへ。

     

    途中、面白い詞が浮かんだが忘れてしまった。

    いかんなー、この辺がプロじゃないね。

    何か浮かんだら自転車停めて、ノートに書けばいいのに。

    面倒くさがりやからな。

     

    伊豆で飼ってた猫が死んだ。

    猫も僕と同じバセドー病だった。

    僕は薬が効いて見る間に太ったが、猫はどれだけ食って

    も太らなかった。

     

    妻はかなりこたえたみたいだ。

    ずっと泣いてるとの事。

     

    人生はやたらに短い。

    あっという間にしわくちゃになる。

    恋たら愛たら云ってられるのは、ほんの少しの間。

    昨日の若者が、今日は白髪の老人と化す。

     

    虚しいと云うか、残酷と云うか。

    あまりの過酷さにたじろぐ。

    人生は新幹線より確実に早い。

     

      えびすやで 芋焼酎 三杯飲めば

      えびすやで 芋焼酎 三杯飲めば

        こぼるる銀河の しずくの河を

        ひとり渡って 飴屋町

        嗚呼ついに 天にまします 月光亭

     

    「女将!そんなに焼酎入れんでええし!」

    濃くて有名な「えびすや」のお湯割り。 

    これを三杯飲もうもんなら、そく極楽行きとなる。

     

    「愛」は時には頭を狂わす。

    女将の愛を受けるには相応の覚悟がいる。

    「ベロベロになっても恨みなし」

    これですね、やっぱ、酒飲むならベロベロまでいかんと。

     

    そうですね、ハイテンションなら「月光亭」ですね。

    ロウテンションなら、そこいらの店でいい。

    美魔女好みは、ウヒヒヒ、やっぱね。

     

    浄土真宗、大谷派のお寺で「いるのはコケイン」って

    歌う訳で。

    レコ倫「この、コケインとは何のことですか」

    メンピ「え−っと、女の・・・・・」

    レコ倫「女の?女の何ですか!」

    メンピ「あのー、コケインは女の名前です。ハイ」

    レコ倫「そうですか、女の名前ですか」

     

    良い時代だったなー日本は。

    「たっぷりコケイン」なんて歌詞もあるんだけどね。

    そもそもこの曲作ったの、ボブ・デュランだろが。

    ノーベル賞作家の歌やないか。

    親鸞さんはもちろん許してくれる。

    「アブナイくらいが一番面白い!」

    そう云うと思うけどなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955781