RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 天にまします月光亭 | main | なんのかんの欲しいのは希望です >>
夏の終わり、台風と猫
0

    8月24日  曇り  起床6時

     

    朝食    グラノーラ

          ヨーグルト

          青汁

     

    台風は能登沖を北上している。

    我が家は有難いことに、植木鉢が数個ひっくり

    返ったぐらいで済んだ。

     

    僕は昨日、伊豆から小松に帰る予定だった。

    伊豆急で熱海、熱海から新幹線で米原、米原から「しら

    さぎ号」で小松と云う、いつもの行程が良かったけど、

    今回は台風の影響が気になった。

     

    なぜかと云えば、JR西日本はすぐに特急を止める得意技

    を持っている。東海道新幹線に接続する「サンダー・バ

    ード」と「しらさぎ」は、常に全面運休の対象になる。

    「どうせ赤字やから無理せんと止めとけ」だろう。

     

    それなら今回は北陸新幹線に乗ってみようやないかと決心

    し、まずは熱海から東海道線で川崎に向かった。

     

    久し振りの川崎は滅茶苦茶暑かった。

    汗みどろで市役所通りにある「帽子の辻野」に。

    なぜか気が大きくなって2個購入。大枚使った。

     

    「俺、石川県から来たんや」

    なんてエラン事口走ったりして。

    まあ、興奮してたんやろね。

     

    そして川崎駅の「みどりの窓口」に向かったわけ。

    案の定、JR西日本は大阪からの「サンダー・バード」と、

    名古屋米原からの「しらさぎ号」をバンバン運休にしてる。

    午後1時半の時点でこうやから。

    乗客の都合なんて露ほども感じないんやろな。

     

    ドル箱の北陸新幹線は絶対に止めない。

    2月の大雪の時も止めなかった。在来線は三日間、特急

    から鈍行まで、すべて止めた。

     

    そんで、僕は生まれて初めて北陸新幹線「かがやき号」に

    乗車した。トンネルやら防音壁が多くて、ゆったり景色を

    眺めるには至らなかったけど。

    東京ー金沢が二時間半やからね。

     

    伊豆で飼ってた猫が死んだ。

    名前はピーちゃん。結構長生きした。

    最後はものを食べられなくなった。

     

    僕には全くなつかなかった。

    たまに訪れる僕をピーちゃんは認めなかった。

    彼が務めて来た役割はきっと大きい。

    ピーよ、ありがとうな、よく僕の代わりを

    努めてくれた。

    ピーちゃん、ありがとう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955782