RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏の終わり、台風と猫 | main | 風の中の少年 >>
なんのかんの欲しいのは希望です
0

    8月26日  晴れ  起床6時

     

    朝食    厚切りトースト

          卵巻き

          温泉卵

          木綿豆腐の冷ややっこ

          青汁

     

    昨日も暑かった。

    何処にも行かず、部屋で本を読んだ。

    デニス・ルヘイン「運命の日」。

    舞台は1910年代のボストン。

     

    今作の主人公の一人はベーブ・ルース。

    彼はボストン・レッドソックスに在籍した。

    因みに、当時のヤンキースはこの物語に寄れば、かなりな

    弱小球団だった。

     

    彼は5日に一度はピッチャーをやらされた。

    そのせいで、打撃は大不振となり、打率は2割を切る。

    ベーブ自身は打者に専念したいと思っていた。

     

    1910年代末期。

    第一次世界大戦が終わり物価は高騰する。

    市民の生活は苦しくテロが頻発。

    加えて、1917年のロシア革命の波がボストンに押し

    寄せる。

     

    社会主義者、共産主義者、アナーキスト、様々な急進派が

    活発に動き出す。人種差別主義者、白人至上主義者たちが

    それらの動きをつぶそうと躍起になる。

     

    この本で、アメリカは一夜にしてアメリカになった訳じゃ

    ないのが良く分かった。

     

    イタリア系移民は黒人よりひどい差別を受けた。

    スラブ系移民は「ロシアのアカ」と見なされ、道を歩いた

    だけで殺された。いやはや、100年前のボストンと云う

    か、アメリカは酷い国や。

     

    でもねー。

    上の方でコチョコチョやって「明治維新や!」なんて国よ

    り、国民の一人一人が体張って、エライ目にあったアメリ

    カ合衆国の方が、民主主義的にはマシなんじゃないかと思

    うけど、どうですかね?

     

    妻に寄れば、伊豆では「太陽光発電」が大問題になってる。

    山を丸ごと買い「太陽光パネル」をワンサカ並べ立て、景

    観をぶち壊されては観光にならない。

    その資本はほとんどが中国と韓国らしい。

     

    それも問題だけど、大問題は枯葉剤。

    太陽光パネルの天敵は雑草。それで、枯葉剤を山じゅうに

    これでもかとまくらしい。これが怖いと妻は云う。

     

    そして。

    小泉純一郎元総理に問いたいんだけど。

    「太陽光パネル」の廃棄処理はどうするの?

     

    パネルにはかなりな毒性金属が使われていて、それを解体

    し、毒物を取り出すのは至難の業とか。

    土に埋める訳にはいかない。

     

    原発は厄介だが、「太陽光パネル」も同じく厄介なのよ。

    中国と韓国の金儲けの為に、日本の山々が汚染されるのは

    放っては置けんでしょう!

     

    これをボケーと見逃す代議士はいらん!

    自民党、共産党、国民民主党、体張ってくれや!

    相手は中国と韓国、望むところやないか。

    他国で好き放題させたらアカンぞ!

     

    最後に。

    妻の車で久し振りに「ウェット・ウイリー」を。

     

    「シャウト・バマラマ」

    「ユー・ハート・ミー・トゥー」

     

    「飛田君、好きだったよねー」

    「好きやったな」

     

    夏の盛りの伊豆を走る。

    海岸線をクネクネ曲がりながら。

    山の緑が道路を覆いつくそうとしている。

     

    30年、40年は、一瞬だ。

    「もっと一杯、曲やればよかったなー、ダーヒー」

     

    太陽に透けた葉っぱの黄緑を目で追った。

    僕の青春は、どうだったろうなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955783