RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 100年前の米国 | main | 捨てたつもりでも、捨てられるのは女です。 >>
夏から秋への能登半島だよな
0

    9月2日   晴れ   起床5時

     

    朝食    卵巻き

          グラノーラ

          青汁

     

    人間はいい加減だからね。

    「酒は体に悪いからね、早死にするよ」

    そう云いつつ酒を飲む。

     

    「ネットは人類を分断する!ロクなもんじゃねー!」

    そう云いつつブログを書く。

    イエスなのかノーなのか、さっぱりわからない。

     

    こんな人類が、社会主義や共産主義を上手くやれるとは

    まったく思わない。でも、やれると思う人もいる。

    そう云う人達は知的で意思も固く、立派な人達だとは思う

    が、僕みたいなロクデナシはこの世にゴマンといて、彼ら

    を「鬱陶しい理想主義者!」と馬鹿にしている。

     

    でも、そんな人達が一人もいなくなったら、これはこれで

    「この世は闇よ」だ。

    やっぱ、どちらか一方が正しいなんて発想は、世の中を不

    安定にし、過剰な憎しみと嫌悪に満ちた世界を出現させる。

     

    戦後は圧倒的に左翼思想が幅を利かせた。

    「左翼であらずば人であらず」

    ついこないだまでそうだった気がする。

     

    それが変わったのはインターネットの発達だと思う。

    瞬く間に「ネットウヨ」が多数現れた。

    もちろん僕もその一人だ。

     

    左翼的な言説や主張がピント来なくなっていた。

    僕の場合は、作詞作業をしていく過程で、左から右に

    移った。まあ、大切な友人ふたりに現実を教えられた

    のが大きいが。

     

    「俺って何だろう?」

    「俺って、ひょっとして、日本人だったりして?」

    「日本人は嫌だなー、でも両親はそんなこと思って

     ないし」

    「両親と俺は違う世界に住んでる。仕方ないか」

     

    まったくアホだ。

    でも、そうだった。

    これじゃあ、詞なんて書けない。

     

    「キレイゴト」は詞にならない。

    「理想の未来」や「明るい社会」をテーマに詞は書けな

    い。何より面白くない。

     

    多分、多くの人が、心の奥で「何かおかしい」と思って

    たことが、ネットなら言えたんじゃないか。

    国民のほとんどが保守志向であり、自民党が政権を担っ

    てきた日本が、ベッタリ「ひだり」ではおかしい。

     

    この国は戦後から今に至るまで、「言論封殺」され続けた。

    それにネットが初めて抵抗した。

     

    その一、「米国のシモベとなって生きてゆく」

    その二、「米国と離れ中国につく」

    その三、「日本は完全な独立を目指す」

     

    日本の左翼陣営はどれを選択するのか?さっぱりわから

    ない。「米国のシモベ」が嫌なら独立だと思うが。

    何も云わない。

     

    もちろん「中国・・・・」は論外。

    先日の産経コラムが明快に否定した。

    「現在の中国の海軍力では日本を守れない」

     

    米国が日本を敵国として攻めてくれば、中国は逃げるしか

    ない。残念だが、日本を守る軍事力を持ってるのは米国の

    み。「シモベ」は御免だが、しばらくは仕方ない。

     

    またまた話が長くなった。

    やっぱ能登の静かな場所で、じっくり考えんと。

    下らない歌も一杯作りたいし。

    いや、謙遜して云ってんだけど。

    ソロソロ決めんとなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955786