RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏から秋への能登半島だよな | main | なんで抜くんや! >>
捨てたつもりでも、捨てられるのは女です。
0

    9月6日  晴れ  起床3時半

     

    朝食    卵巻き

          胸肉のソテー

          玉ねぎ焼き

          ご飯

          きゅうりのキュウチャン

          青汁

          ぶどう

     

    「午前3時8分に北海道で大地震発生!」

    枕もとのトランジスタ・ラジオが叫んだ。

    台風21号が去ってまだ日が経たない。

    冗談やめろや!

     

    こんなんやってられん。

    バッド・バッド・ニュースばっかりや。

    俺ら日本人は知らん間に、神仏を踏みつけてんのかな?

    バッド・バッドはニュースやなくて、ウイスキーやろ

    が!

     

    夏風邪をひいて2日間寝込んだ。

    保冷材で頭冷やして寝たら熱は少し引いた。

     

    クーラーかければ寒いし、消せば暑いし。

    長袖に長ズボンでないと寒気するし。

    布団掛ければ暑いし、タオルケットじゃ寒いし。

    面倒くせー!

     

    かと云って食欲は落ちない。

    朝はシャワー浴びるし。

    声は出なくなったりかすれたり。

    でも今日は、かなり楽だ。

     

    10年以上寝かしてる曲がある。

    出だしのAメロは良いが、続くBメロが面白くない。

    昔の映画音楽みたいでピンと来ない。

     

    Bメロが出来ないので、サビはまだ考えたこともない。

    でも、Aメロが良いので寝かして来た。

     

    歌詞はまだない。

    でも、各メロディには物語が必要だ。

     

    Aメロが、秋の夜更けのつぶやきから始まるなら、Bメロ

    は海岸の岩に座り、緋色に染まりながら夕暮れを見つめ

    る女の、頬を伝う涙の訳を、匂わせる何かがいる。

     

    そうなるとサビは、そんな思いを静かに抑えるメロか、

    思いを跡形もなく消してゆくメロが欲しい。

    要は、これから進行する物語をどこへ持ってゆくかの決

    断がまだ出来ていない。

     

    「つぶやき」は女の口から出て来る。

    よって、この歌は女の人に歌ってもらう。

    そして、物語が複雑なら、より太い声がいる。

    先のない恋の歌なら、男っぽい女の歌い手が合う。

     

    10年以上そんなことを考え、消し、考えてきた。

    こう云う場合、僕は気が長い。

    苦し紛れの曲の完成は、悔やんでも悔やみきれない。

    それは嫌だ。曲は完成するときには完成する。

     

    女に、ロクでも無い男を語らせたい。

    結局、女は色んな男を知った。が、知れば知るほどあの

    アホな男の、アホさゆえの底なしの「純真」以上のもの

    には出会えなかった。

    それを女に語らせたいが、どうだろう。

     

    ーいい男も、悪い男も、この世にはいない。

     アホな男がいるだけー

     

    これが僕の結論。

    夏風邪男の結論です。

    女は男には勝てません!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    「負けるが勝ち」とわかっているのに、負けられないのでほとんど負けるというジレンマに陥っていた若い頃。

    今なら笑って負けられる〜かな。
    | arison | 2018/09/06 9:46 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955787