RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< なんで抜くんや! | main | みんなの歌より俺の歌 >>
オン・ザ・ビーチ
0

    9月8日  曇り  起床6時

     

    今日は「ロック入門」の発表会。

    金沢・赤羽ホールのステージに立ち、弟子たちと

    3曲歌った。

     

    「テイク・ミー・ホーム・カントリー・ロード」

    「ミート・ミー・オン・ザ・コーナー」

    「リップル」

     

    最後の曲で少し話した。

    「思いは広がって行くと云う歌です」

    ここでやめとけばよかったが。

     

    「米国のこの歌は、思いがあればなんでも叶うと云

     うてる。なんでもいいから南無阿弥陀仏を念仏し

     ろ云うた親鸞と、似てる様な気がせんでもない」

     

    いらんこと云わしたら止まらんから。

    必死で抑えましたがな。

     

    出演後、4人で片町まで歩き、居酒屋へ。

    午後3時に飲み始める。

    午後5時。トイレに立って店内を見ると、半数近くが若い

    白人のカップルではないか。「な・なんじゃこりゃ!」

    T−シャツに短パン姿で「ホルモン味噌炒め」喰ってる。

     

    いやー、金沢は異国ですねー。

    外人客達は超リラックスして酒飲んでる。

    居酒屋で飲めば安いしね。メニューも一杯あるし。

    なるほどなー。

     

    「忠平さん、ソロソロ金沢に住んだらどうですか」

    「そうやな」

    「いいとこですよ金沢は、小松はしんどいでしょ」

    「えっ」

    小松は難しい街らしい。金沢から見ると。

     

    昨日は午後4時半から「えびすや」で酒を飲んだ。

    焼き魚はサンマを注文。

    このサンマの旨いこと。

    「いやー、旨い!今年のサンマは」

    僕がつぶやくと、常連はみなうなずいた。

     

    5時半を過ぎると客が押し寄せて来た。

    僕は6時に「えびすや」を出た。

    カウンターで同級のYが叫んだ。

    「チュー!どこいーけん?まだ早いて、チュー!」

     

    さて、行くとこがない。

    「カンソ」も「月光亭」もまだやってない。

    駅前に向かって歩いた。

     

    「今年は一度も安宅の海に行かなかったなー」

     

    或る夕刻、逆水門から宮台、そして安宅大橋へ。

    少女は影となって草を薙ぎって走った。

    僕は影を追った。

     

    少女は波打ち際にいた。

    少女は昔、この場所に僕を誘った。

     

    少女はクルリと振り向き僕を見た。

    黒く細い線のような影だった。

    影は、松林に消えた。

     

    「わたしはここに眠っているのよ」

     

    砂の中に眠る少女を掘り出すのが怖い。

    掘りだした後を思うと、余計に怖い。

     

    僕にはこれが、男と女の形に思える。

    男と女は、常にすれ違い、常に向き合えない。

    火花の影が走る。

    男は追いかける。

    すでに死んでいる少女を。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955789