RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< オン・ザ・ビーチ | main | 富山を日本の首都に >>
みんなの歌より俺の歌
0

    9月13日  晴れ  起床7時

     

    朝食    玉子巻き

          ポテトサラダ

          キャベツ

          青汁

     

    残り少ない夏だから、マッツまでウォーキング。

    ひざ下のカーゴパンツにメンネル、リュックを担

    ぐ姿は正にホームレス。ウヒヒヒ。

     

    昨日は市民病院で心電図を撮った。

    「心電図は異常なしですね」

    有難い。

     

    診察が終わり、病院の食堂で「焼肉定食」。

    薬局に寄り、風の中をランランと自転車で帰宅した。

     

    マケイン上院議員の葬式にトランプは呼ばれなかった。

    選挙の時、「なぜ捕虜になった男が英雄なのか」と、

    マケインをボロクソに批判した。

     

    トランプは戦争に行ったの?

    もし行っていないのならトランプは完全なアホだ。

    行ってたとしてもアホだが。

     

    山本七平が云ってるように、兵士は国の為に命を賭けて

    戦う。もし、ベトナム戦争が間違った戦争だとしても、

    そのことは、兵士には関係がない。

     

    米軍兵士はベトコンをひとりでも多く殺すのが任務であり

    命令だった。若き田原総一朗は、山本七平に実名でアホだ

    と書かれた。田原はベトナム帰還兵にマイクを突き出し「

    何人殺したの、あんた!」「子供も殺したんだよね」など、

    的外れな質問を兵士に浴びせかけた。

     

    トランプは危うくなった。

    マケインの呪いは強力だ。愛国者を非難する大統領はい

    らない。トランプは越えてはいけない線を越えた。

     

    今月の「文芸春秋」はサザン特集。

    写真やら記事やらてんこ盛り。

    「文芸春秋社」は左路線を進むことに決めたらしい。

    ここんとこ10年以上「文芸春秋」は熱を失い、ごく標準

    的な、あってもなくてもいい雑誌だった。

     

    本や雑誌に「熱」がなくなれば、読者はすぐに離れる。

    読者は賢くなりたいから本を買う訳ではない。

     

    正しいとか、正しくないとか、そんなことは誰にも分ら

    ない。それよりも人は面白さを求める。

    「面白さ」は、それ自体が熱源であり、人は無意識にも

    「熱」の発する「温かさ」に惹かれ集まる。

     

    そう思うなー。

    熱がないと生きていけないでしょ。

    面白いものがないと人は死んでしまう。

    「正しい生き方」なんて実はどこにもないからね。

     

    桑田君。

    君は歌謡曲が好きでバンドやった訳じゃないよね。

    ロックだと思ったからバンドやったんだよね。

    出鱈目やれるからね、ロックは。

     

    出鱈目って面白いジャン。

    ポップスは出鱈目じゃないから。

    正しいことが一番やっかいだから。

     

    左から右まで、広く広く広く、お願いします。

    ポップスやら歌謡曲の金縛りから抜けんとね。

    桑田君は森繁ではなく、フランキーでしょう。

    目指すならね。

    フランキー堺は偉大です。天才です。

    僕はそう思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955790