RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< みんなの歌より俺の歌 | main | LAのならず者イーグルス >>
富山を日本の首都に
0

    9月15日   小雨   起床9時

     

    9月15,16,17の三日間、小松市駅前で今年も

    アイドル・フィスティバルが開かれる。

    野外ステージがふたつにマッツを加え、三カ所でアイ

    ドル達が歌い踊る。

     

    北陸勢を中心に、岐阜や大宮からもジドルが集まった。

    小松は「日本の地元アイドル達」の中心地となりつつ

    ある。いいねー、マッツは協力を惜しまないぞ!

     

    ムチャクチャ可愛い子もいるし、ソコソコもいる。

    でも、どうであれ、アイドルを目指す女の子の心意気

    に、その覚悟に、僕は感動する。

     

    さて。

    災害大国日本は真剣に政府機能の移転を考えねばならなく

    なってきた。なんもかも東京では、どうにもならないぐら

    いは小学生でも分かる。

     

    なのに政府は全く動かない。

    動く気が無いのなら、国民の不安を煽る「南海トラフ」だ

    の「巨大直下型地震」を、ふれまくるのは止めて欲しい。

     

    それでは意味がない。

    確率がどうだの、首都は壊滅するだの、云うだけ空しい。

    表日本はどこもアブナイ。なら、裏日本に政府機能をまず

    は移したらどうか。場所は、富山が良いと思う。

     

    東京から富山市は北陸新幹線で2時間。目と鼻の先だ。

    そもそも富山県と石川県は地震が少ない。

    新潟は地震が多いし、福井は60年前の福井地震の周期に

    入っている。

     

    石川県は狭い。

    でも富山県は広々としている。

    巨大な平野が広がるさまは北海道並みだ。

     

    実にもったいない。

    そりゃ冬に雪は多いが、北欧に較べれば屁みたいなもの。

    富山県民は上品だし、文化レベルも高い。

     

    かなり保守的だと聞くが、そうだからこそ、それに反発す

    る気概も生まれる。志の輔、故野際陽子、ワハハの柴田等

    、個性が強く、独自の道をゆく芸能人を多く生んでいる。

     

    敢えて言えば、富山が日本の首都でもいい。

    東京や大阪、名古屋などの大都市よりも、地方都市の方が

    首都には向いていると思うが、どうでしょう。

     

    我が石川県は残念ながら首都には向かない。

    パッとしない知事が、半永久的に知事を続けている。

    石川県の知事はなぜかずっと県外者。

    こう云う県には「熱」が生まれない。

     

    石川県民に殺されそうだが。

    「隣の芝生」だと笑われそうだが、まあ、嗤われてもい

    いんだけど、我が石川県はいつからか熱と力を失くした。

     

    福井県も侮れない。幕末の中心は橋本佐内のいる福井藩

    だった。竜馬も西郷も佐内の教えをこうた。

    維新後も多くの偉人を生んでいる。

    その底力は、いつか必ず、形として表れるだろう。

     

    心の底では石川県の発展を願っている。

    ならばこそ、福井、富山を侮ってはいけないと思う。

    両県ともに、実に優秀な県だ。

    石川県は埋没しつつあるんじゃないか。

    そう思えてならないんだけどね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955791