RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 男は右翼顔がいいね | main | 戦法はマクるよりカマシですね。 >>
年寄りのいない国?
0

    9月20日  小雨  起床6時

     

    朝食     チャーハン

           小魚と胡桃の佃煮

           りんご

           青汁

     

    昨日は久しぶりに福井競輪場。

    駅のスーパーで買った「鳥照り焼き弁当・450円」は

    相変わらず旨かった。

     

    帰りも福井から小松まで鈍行電車で。

    ドアーのそばに、夕陽に染まる女子高生がひとり、

    ぼんやり外を眺めてる。

     

    「何を想っているの?背中が寂しいぞ」

    なんて、えらん事妄想したりして。

    大聖寺に着くと、高校生は大勢乗り込んで来た。

     

    競輪場にいると、人生について色々考える。

    ここに来るほとんどは年金生活者だ。

    みなヨタヨタ歩く。僕もヨタヨタ歩いている。

    でも僕は、自分は年寄りだと思ってない。

     

    そう、そうなんです!

    誰も自分が年寄りだなんて思ってない!

    年寄りだなんて思ってない年寄り達で、競輪場は一杯。

    いやいや、この世と云うか、日本は一杯。

     

    本気で、自分が年寄りだと思ったら、人は競輪場には

    行かない。絶対に行かない!

     

    「年寄り教育」を受けた者は今の世に、ひとりもいない。

    これが良いのか悪いのか分からない。

    我が国には、年寄りだと思ってない年寄りが溢れている。

     

     

    僕はバスを降りるときに、

    「ひょっとして俺は年寄りかも」と、思う。

    タンタンタンとは降りられない。

    上から下に降りるのが一番怖い。

    そこで、運賃を払う時、運転手に「ありがとう」と云っ

    て間を作り、ゆっくり、ソロリソロリと、降りる。

     

    神様・仏様は上手く人間をつくられた。

    人間は自分自身を自覚できないし、客観出来ない。

    もし、自分を自覚したり、客観視出来たら、ほとんどの

    人は内に籠るか、自殺するしかない。

     

    人生は寒々としたものになる。

    ー賢く生きるより、馬鹿になって生きた方が楽しいー

    まあ、そう云うことになるんかな。

     

    もうひとつ。

    最近気づいたんだけど、知識を頭に入れれば入れる程、脳

    は動かなくなる。

    「知りたい事」ではなく「知らなければいけない事」をイン

    プットすると、途端に脳の温度は下がる気がする。

     

    アホなことを考えると脳は熱くなる。

    「こうしてこうするジャン、そうするとこうなるジャン」

    脳はカッカカッカ動き始める。

    「そうなるとこうなるから、俺、かっこいいジャン!」

    脳は暴走を始める。

    「俺って天才ジャーーン、凄すぎジャーーーーン!」

     

    現代の若者たちの方がマシかも。

    少しづつアホが増えて来た。

    時代は変わったね。

     

    若者たちに負けてはいられない。

    もっともっと,底なし沼の大馬鹿になってやるぞ!

    そうでしょう!

    ホットな脳じゃ負けん!

    馬鹿者どもよ、日本の為に立ち上がろうぜ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955794