RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 中途半端で行こうぜ! | main | 関税25%でいいじゃないか! >>
保守派のマグマはたぎっている
0

    9月27日    晴れ   起床6時半

     

    朝食    鳥胸肉のソテー

          焼き野菜

         (キャベツ、ピーマン)

          グラノーラ

          牛乳

          ヨーグルト

          青汁

     

    台風24号は日本列島を直撃する。

    占い師や、風水師さんよ、人の運命変えられるん

    なら、台風の進路変えてくれんか。頼むわ。

     

    ほんと。

    冗談やめてや。   

    なんでこっち来るんや。

     

    元相撲取りで、腐るほどスーツやジャケット持ってるの

    は、貴乃花しかおらんやろ。

    貴ノ岩事件の時、次々に新しいジャケット着て現れた。

    あの体やから、全部、仕立てたんやろけど、相当金かけて

    るなー。うらやましいなー。

     

    やっぱ彼はスターなんやね。

    大乃国なんて、事務員の制服で会見してるもん。

    これで晴れて芸能界入りが叶う。目出度い。

     

    貴乃花とか小沢一郎とか、寡黙で頑固で一途な人間を、日

    本人は好む。

     

     「一度決めたら押しとうしてこそ男」

     

    それでもいい仕事はあるだろうが、僕は嫌いだ。

    他人の意見を聞かず、我が道を突き進めるのは、神か仏と

    決まっている。

     

    人間はそもそも間違いを起こす生き物だ。

    他人の忠告を聞ける素直な心を持たないと、社会の中では

    浮き上がってしまい、たくさんの軋轢を生む。

     

    真実とか正義とかは、人によって定義や感じ方が違う。

    貴乃花は改革を叫んだが、誰も関心を持たなかった。

    そりゃそうだ。貴乃花は今のシステムで横綱まで行った。

     

    小沢一郎は「国連第一主義」を唱えた。

    国の肝心なことは国連に決めてもらおうと。

    今となっては噴飯ものだが、小沢はかたくなに押しとうし、

    支持を失った。

     

    人間は誰でも間違う。

    いや、人間の成すことは99パーセント間違いだ。

    でも1%が残る。この1%が面白い。

     

    トランプ大統領が一番わかりやすい例だ。

    彼の云う「米国第一主義」、イラン合意からの離脱、赤字

    解消と称する中国封じ込め、TPPの批判等、どれもこれ

    も、もう少し時間が経たないと、結果はわからない。

     

    「トランプよりクリントンの方が正解だった」

    そう云う人は多いが、そんな人は占い師か、風水師みたい

    なものだ。一体誰に正解が分かると云うのか。

     

    トランプがロウ・クラップ・シューターかどうか、優秀な

    ビジネスマンかどうか、最低の大統領かどうか、お楽しみ

    はまだまだ先。

     

    答えは各自が考えるべきだ。

    競輪と同じ。ガチガチの九州ラインを買うか、冴えない

    北陸ラインの5・8を買うか、ひとりひとりが決める。

     

    正義を振りかざすのは卑怯だ。

    新潮社45の記事は読んでいないが、国会議員が云った

    ことを封殺する権利は誰にも無い。たとえその者が大ア

    ホでも。

     

    「自分達は正しい。それに反対する者は悪だ」

    右でも左でも、そうなったら終わり。

    国内で戦争が起きる。どちらかの息の根が止めるまで血

    が流れる。

     

    保守派はやるときはやる。

    来年の憲法改正が運命の日になる。

    でもその前に、大いに論争すべきだ。

     

    馬鹿にし合い、軽蔑し合い、嫌い合い、憎しみあい、腹

    の底から、何も隠さず、云い合おうぜ!

    どっが正義とか、悪とか、そんな事じゃなく、精魂込めて

    自分の思いをぶつけ合う。

     

    向かい合い、叫び合い、罵り合う。

    でも内戦はしない。決してしない。

    そうすれば日本に、今よりマシな民主主義が生まれる。

     

    保守派のエネルギーを軽んじてはいけない。

    マグマは戦後70年分溜まっている。

    保守派は耐えている。

     

    好き放題言われても。悪にされても。

    軍国主義だの、差別主義だの、古臭いだの。

    リズムの悪いヒップホップ・アジテーションはもういい。

    ノリのいいロックで突っ走るから。

    文句無しやろ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955797