RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 保守派のマグマはたぎっている | main | 河は夜も流れる >>
関税25%でいいじゃないか!
0

    9月29日   雨   起床7時

     

    朝食     牛肉うどん

           ご飯

           青汁

     

    昨晩は「月光亭」。

    台風が来る前に酒を飲みたかった。

     

    最近、自分が鬱なんじゃないかと思う日がある。

    そんな上等なものに、なるはずはないが。

    歳を取ると、寂しさや、虚しさや、絶望などが、

    日常の或る瞬間に迫って来る。

     

    それで、酒を飲みに行った訳で。

    今朝はキッチリ二日酔いながら、体はテキパキと

    動いた。

     

    朝から肉うどんを作ろうなどと、普段は思わない。

    体は勝手に玉ねぎを切り、シイタケを切り、長ネギを

    刻んでいた。

     

    アメリカとの貿易問題について。

    トランプ大統領の保護主義は、他国が何を云っても変わ

    らない。云うだけ無駄だ。

     

    車の関税を25%にするなら、「はい分かりました」と云

    えばいい。僕はそれはそれで良いと思う。

    これにより日本経済は多大な影響を受けるが、それは日本

    が自ら蒔いた種だ。

     

    自分の国を守ってもらっている相手に、文句云えるか。

    日本は防衛費に、GDPの1パーセント5兆円しか使ってい

    ない。

     

    タダ乗りしてる。

    憲法9条をたてに、軍事費は使わず、世界の厄介ごとには

    極力顔を出さず、「一国平和主義」でやってきた。

    そんな時代はとうに過ぎたのに。

     

    日本はケチで怖がりで、卑怯者の国になった。

    軍事費を使わない割に経済は伸びず、せいぜい投資で喰い

    つなぐ、ごく普通の国に堕ちた。

     

    もし日本が民主国家なら、10年先、20年先を見据え、

    目指す国家の姿と、その為の方法を、国民が真剣に考えね

    ばならない。

     

    そんな風潮はカケラもない。

    誠実で勤勉な日本国民は、一体どこへ行ったのか。

    やれモリカケ、やれ官僚の不手際、やれ代議士の失言など。

    この国の野党は何一つ肝心なことに手をつけなかった。

     

    ハーフのスポーツ選手は花盛りだが、彼ら、彼女らの父親

    は、そのすべてが外国人だ。

    逆に、父親が日本人で、母親が外国人のケースは皆無。

     

    みな薄々気付いてる。

    日本人の女は日本人の男を見放したと。

    他国に生命財産を守ってもらう国の女が、他の国の男を

    求め、受け入れるのは、当たり前の話だ。

    韓流ブームがその始まりだった。

     

    地方は衰退し次々熱を失ってゆく。

    地方こそが自民党の基盤だったはずだ。

    都市中心の民主党など、放っておけばよかった。

    自民党は地方だけではなく、日本のこれからについて、何

    もプランも持っていない。

     

    輸出する車に関税25%が掛かり、日本車が売れなくなり

    、経済がガタガタになれば、日本は必死になるかもしれな

    い。いや、なるに決まってる。

     

    「トランプは神風かも」

    僕はそう思っている。

    トランプは嫌いだけど、物事をはっきりさせる力がある。

    その力こそ日本に必要。

    きれいごと云ってるヒマは米国にも、日本にもない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955798