RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 河は夜も流れる | main | 俺はホウトウ!我慢するかい! >>
道に迷って足羽川
0

    10月4日   晴れ   起床6時

     

    朝食    厚切り食パン

          ブルーベリー・ジャム

          ソーセイジとピーマン炒め

          焼きキャベツ

          牛乳

          青汁

     

    秋になった。

    とてもうれしい。

    調子に乗って、競輪場から福井駅まで歩いた。

     

    競輪に少し勝ったので心に余裕があった。

    ところが道に迷い、歩いてはいけないところを歩き、

    福井駅の近くまで来て、完全にバテタ。

    所要時間1時間。

     

    福井市の中を大きな川が流れている。

    足羽川と云うらしい。

    競輪場はこの川の近くなので、足羽川に沿って歩けば

    福井駅に着ける、と、僕は思った訳で。

    まあ、そうなんだけどね。

     

    ところがギッチョン!

    福井の街は結構複雑だった。

    表通りを避けて裏道に入ったら最後、何処へ向かってる

    か、サッパリ分からなくなる。

     

    要は、表通りと裏通りは平行じゃない訳で。

    足羽川に幾つもかかってる橋もまた平行ではなく、慎重に

    道を選ばないと、物凄く大廻になってしまう。

     

    昨日は、それならばと、福井駅から競輪場に歩いた。

    これならバスと同じコースを辿れるはずだ。

    ところが道を外れ、気が付いたら足羽川の河原を歩いて

    いた。

     

    足羽川は大きく深い清流の川だ。

    これは珍しい。

    水量も多く、かなりな勢いがある。

     

    知らない街を歩くのは面白い。

    昨日は天気が良く、散歩には最高の日だった。

    きれいな青空を見上げて、汗を何度もぬぐった。

     

    競輪場で、放蕩息子の歌が浮かんだ。

    「これなら歌になるかも」

    締め切り3分前のアナウンスに気を取られた瞬間、

    全ては消えた。何もかも、あますとこなく。

    ウヒヒヒヒ。

     

    場外「京都向町競輪」最終レース。

    5番の鈴木から、5−4−7の3連単を買った。

    鈴木は一番人気。3連単オッズは30倍。

     

    結果は。7−5−4で、配当は1万6千円の万車券。

    ところが僕は、3連単に賭けた同額を、3連複にも賭

    けていた。配当は1300円以上ついた。

     

    ウヒヒヒ。苦しい時の3連複ですねー。

    これでまた気分が良くなった。

    福井競輪場までウォーキングして体鍛えるぞ!

     

    よろしく頼むぜ、足羽川!

    レースを楽しんで、足腰も鍛えよう。

    僕にとって福井は最高!

    いつか儲かったら福井で散財するからね。

    福井のコシヒカリも云うことナシ!

    秋はやっぱええわ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955800