RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 道に迷って足羽川 | main | 伊東競輪場までの道。パート・ワン >>
俺はホウトウ!我慢するかい!
0

    10月8日   快晴   起床6時

     

    朝食    大根とシイタケの煮物

          中華風ソーセイジ煮

          治部煮

          ご飯

          青汁

     

    またもや右腕が上がらなくなった。

    今回も、母親が医者からもらってくる絆創膏を貼って

    一晩寝た。翌朝、あら不思議、痛みはどっかに消えた。

     

    ラッキー・シモノビッチ!

    古いなー、高校の時のギャグやがな。

     

    今日はとてもいい天気。

    自転車でマッツへ。

     

    「体育の日」に加え、「小松マラソン」とかで、通りには

    車も人もいない。「佐々木選手、外からマクリか!」気分

    は平原康か脇本雄。自転車で道路を斜行しまくって遊んだ。

     

    森田観光が1週間の米国の旅から帰った。

    訊けば、ナッシュビルとメンフェスを訪れたらしい。

    彼はビデオカメラマンを同行し、ビデオを撮りだめた。

     

    「メンフェスは良かったですよ」

    とのこと。「どう良かったの?」なんて訊かない。

    森田が良かったんならそれでいい。

     

    けっこう、怖い思いもしたらしい。

    まあ、怖くなかったらアメリカ行く意味ないけど。

     

    川崎のN君は昔、ニューヨークを訪れ、地下鉄を一歩降り

    た途端二人組に狙われ、一晩中、スーツ・ケースを抱えた

    まま、裏通りを走り回ったとか。

     

    さて。

    「プロディガル・サン」と云えば、日本語では「放蕩息子」。

    「放蕩」を検索すると二つの意味が書いてある。

     

    ひとつ目は「好きなことだけをやること」。ふたつ目は「親

    の残した遺産を、薬物やギャンブルや女で使い果たすこと」

    とある。

     

    問題はひとつ目の「好きなことだけをやる」だ。

    これだと、ほとんどの日本人が放蕩息子になる。

    「団塊の世代の次は、放蕩の世代と云うことになりますな」

    堺屋太一風に云えばそうなる。

     

    母親にそんな話をすると。

    「私は放蕩やわ。仕事次々変えたけど、全部自分で決めた

     し、親には相談せんかったし、好きなことばっかしてき

     たわ」

    なんと、放蕩宣言が飛び出した。

     

    放蕩息子として云わしてもらうと、日本は米国に頭下げ

    過ぎ。卑屈になるな!

    日米安保破棄なら破棄すれば良いじゃん!

     

    トランプにこう云ったらどうだろう。

     ー好きなことばっか云うとるなよ!TPPでいいじゃ

      んよ、車の生産はこれから米国でしろって?

      おまえアホやろ!米軍基地縮小するぞ!−

     

    まあ、トランプは米軍基地縮小は大歓迎かも知れん。

    ーお前はゲスでケチだ!親父の金で女やギャンブルやっ

     てるごくつぶしじゃねーか。キムさんが美しいって?

     お前はいつから前衛芸術家になったの?!ー

     

    5%ぐらいスッキリした。

    放蕩息子はカマシまくりまっせ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955801