RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 俺はホウトウ!我慢するかい! | main | 伊東競輪場への道。パート・ツー >>
伊東競輪場までの道。パート・ワン
0

    10月12日   曇り   起床5時

     

    朝食    いなり寿司

          ソーセイジ・エッグ

          キャベツの焼き野菜

          りんご

          青汁

     

    しばらく伊豆に滞在した。

    「滞在した」は少しおかしいか。

    家族のいる家にいた訳で。

     

    伊豆にいる間、伊東温泉競輪に通った。

     

    一日目。

    妻と娘は「大相撲東伊豆場所」を朝から観に行くとの事。

    妻に稲取駅まで送ってもらった。

    午前7時59分に上りの電車が来た。

     

    車内はガラガラ。

    僕は窓側に席をとり、海を眺めながら伊東までの1時間

    を過ごした。

     

    伊東駅に9時に着いた。

    競輪場行きの無料バスはまだ出ない。

    その時、むくむくと病気が出た。

     

    「ほんなら歩けば良いじゃん」

     

    南伊東駅からなら競輪場は10分だと娘はいった。

    「でもね、伊東駅からだと、けっこう掛かると思うなー」

    でも僕は決めた。「歩くぞ!」

     

    決めたからには準備がいる。

    駅近くのセブンイレブンに入った。

     

     * ボールペン

     * ノート

     * フェイスタオル

     * ティッシュ

     * ペットボトルのアイス・コーヒー

     * 同じくお茶

    そして、それらを入れるトートー・バッグ。

    以上を購入。

     

    歩いている間に良いアイデアが浮かぶかも知れないので、

    ペンとノートは必携。汗もかきそうでタオルもいる。

     

    僕は歩いた。

    無料バスには何度も乗っている。だいたいの道筋は分かる。

    「川に沿って行けばいいのよ」

    娘はそう云った。歩いてすぐに川があった。

     

    伊藤園ホテルを過ぎたあたりでバテが来た。

    道が悪い。なんせ古いし、凸凹してつまずきそうだ。

    腰を下ろしたくなったけど我慢。

     

    牛丼のスキ屋が現れた。パス。

    ココスが現れた。パス。

    純喫茶が現れた。これもパス。

     

    ようやく伊東郵便局本店に着いた。

    ここはバスの窓から見たことがある。

    「けっこう近いかも」

    なんて思ったが、大間違い。

    ここからが長かった。

     

    川っぷちに「松川漁業組合」のタテカン。

    松川は流れが速く水量も豊かだ。

    アユを釣ってる釣り師がいる。

    しばらく行くと流れが緩くなった。

    水中に何かいる。

     

    「緋鯉だ!」

    白と茶と黒の混じった緋鯉が、逆さまになって川底を突い

    ている。

    思わず柵越しに身を乗り出した。

     

    「あれっ?!」

     

    鯉たちは一斉に「カポカポ」と口を開けて集まってくる。

    10匹はいる。丸々と太ったのが多い。

    どうやら誰かがエサをやっている。

    鯉は「何かくれ!腹減ってんだ!」と云いながら、僕に食い

    物をねだった。

     

    ここで時計を見ると10時。

    1時間歩いた。

    バテバテだ。

     

    そして僕は次の日も歩いた。

    色んな発見をしたが、それは明日にでも。

     

    この日、競輪で5千円負けた。

    帰りは無料バスに乗った。

    伊東発の伊豆急もガラガラだった。

     

    僕はノートに今日の出来事を書いた。

    そして突然、「どんな曲を作ればいいか」の答えが浮

    かんだ。

    アイデアは次々浮かび、僕は稲取に着くまでの間、ペン

    を走らせた。

     

    それではまた、明日ね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955802