RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 伊東競輪場までの道。パート・ワン | main | ロックは、切れ味と誤解ですよ >>
伊東競輪場への道。パート・ツー
0

    10月13日  晴れ  起床6時半

     

    朝食    ソーセイジ炒め

          キャベツの焼き野菜

          冷ややっこ

          玉子巻き

          ご飯

          さわし柿

          青汁

     

    二日目も僕は歩いた。

    通り道に馴染のイタリアン・レストランがある。

     

    この店の向かいに、料亭かと思うレトロな建物があるこ

    とに気づいた。そこは「祇園本店」と云う老舗の弁当屋

    だった。

     

    「踊り子弁当の店やないかい!」

    伊東の駅で売ってる、幕の内弁当の僕は大ファン。

    「その本店がここなんだ」

    いやー、歩いてみるもんやなー。

     

    祇園本店を過ぎてしばらく行くと、道が二手に分かれる。

    左の道は、松川に沿っている。

    二日目、この道を歩き、僕はなんと足湯を発見した!

     

    足湯は正にオアシス。おまけに天然温泉。

    さっそく靴と靴下を脱いで、湯に足をひたした。

    かれこれ1時間は歩いている。なんという幸福だろう。

     

    「あったか〜いぞ〜・疲れとれるぞ〜」

     

    足の裏を底の玉砂利にこすっていると、若い男が加わった。

    「いいですかね」「どうぞどうぞ」

    若いあんちゃんはドライバー。厚手の靴下を履いてる。

     

    車の窓から見た光景に誘われやって来た。

    「お先に〜上がるね」「はい!ご苦労さまです」

    気分いいね〜〜〜!

     

    ほっかほっかの足の裏で再び歩く。

    昨日と同じ場所に、昨日と同じ釣り師が竿を出してる。

    昨日と同じ場所で、昨日と同じ鯉たちが口を開ける。

     

      ーまるで、デジャブや!ー

     

    46年前に。山本七平は日本人の核心を突いた。

     

    ー ギリシャ神話のクローノス(時間)は首の長い怪物で

     自らが生んだ子を追いかけて食べてしまう、ゼウスだけ

     がその首に飛び乗って食い殺されるのをまぬかれたとー

     

    ー 日本人はまさにクローノスの鼻先をかけている。

     生きるために米を食べ、米を食べるために米をつくり、

     その米を作るためクローノスに追いまくられる。ー

     

    時間は物凄い勢いで迫って来る。

    自分が何者など考えるヒマはない。

    でも、自分一人の時間を持てば、なんとかクローノスから

    逃れられる。

     

    日本人はゼウスになれない。

    神と共に生きる者でなければゼウスにはなれない。

     

    子供の頃。

    どこにも神様がいると思っていた。

    梯川にも、上牧にも、下牧にも、蓮代寺にも、安宅の浜にも、

    天井裏にも、いちじくの木にも、庭の石の下にも。

     

    ひょっとして、僕はゼウスだったの?

    いや、僕だけじゃない。

    子供はみな、ゼウスだった。

    毎日、神と暮らしていた。

     

    ソロソロ、子供に帰るとき?

    僕は歩く。

    そう、歩こう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955803