RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 伊東競輪場への道。パート・ツー | main | イーグルスを歌う >>
ロックは、切れ味と誤解ですよ
0

    10月14日   晴れ   起床5時半

     

    朝食    粕汁鍋

          ハムエッグ

          キャベツの焼き野菜

          玉子巻き

          さわし柿

          青汁

     

    味噌汁に「酒粕」を放り込めば「粕汁」になる。

    粕汁(かすじる)に豚肉と白菜は欠かせない。

    北陸人は春が来るまで「粕汁」を喰い続ける。

    我が家は昔からそうだ。

     

    天気が良いのでマッツまでウォーキング。

     

    今日は商工会主催の「市民祭り」が駅前で催される。

    商工会に務めるベースのK君とバッタリ出会った。

    「ありゃ、忠平さんねーけ、後で顔出すわ」

     

    K君は商工会議所の幹部。

    「フェンダーのプレジジョンこうたんかいや!」

    朝からそんなことは訊けんわな。

     

    ロックに関して小松の人材は充実している。

    強力で、訳知りロック評論家が、僕の知る限り二人いる。

    ひとりは若い頃に重度のアル中になったとかで、彼の

    前で、

     

     ーおいらジャンキー おまけにアルチューー

     

    とは、歌いにくい。

     

    もうひとりの訳知りは僕を子供の頃から知っている。

    「忠平さんて、以外に、本、読んどるんやな」

    バカタレが!

    中学生の頃に日本文学全集と世界文学全集読んどるわ!

    覚えとらんだけや!

     

    ロック・ミュージシャンも優秀なのが多い。

    30代、40代、50代、60代と、揃っている。

    そろそろ「地元オールスターズ」で何か作りたい。

     

    じっくり考えれば、けっこう面白いものが出来る。

    歌の舞台は小松でなくてもいい。

    福井でもいいし、サンフランシスコでも、メンフェスでも

    いい。

     

    海外の方が作品を作りやすいかも知れない。

    なぜかと云うと、名前に苦労しなくて済む。

    メアリーでも、アニーでも、アリソンでも、エリザベス

    でも、リンカーンでも、マイクルでも、ルヘインでも

    O・K

     

       −トシオとマーガレットの恋ー

     

    ようやく「幸子と一郎」から解放される。

     

       −ポーク・ストリートで待つ男ー

     

    こんな題名もいいんじゃないの。

    僕が訪れた頃のポーク・ストリートは、ホモホモ通りだっ

    た。屈強なヒゲズラのカップルが多かった。

     

       − 私はチャイナ・ドールじゃない ー

     

    デッドの名曲「チャイナ・ドール」。

    でも本来の意味は「カワイコチャン」。

    少女が殺人を犯した。捕まった少女は呟いた。

    「私は誰かの、チャイナ・ドールなんかじゃない!」

    ミステリ仕立てで面白い。

     

    先日、NHK金沢でユーミンは云った。

     

     −私の曲は時間をかけて作ってあります。ですから

      古くなりません。ひとつの短編として、一曲5分

      の曲を作ってきました −

     

    金沢だとけっこう本音を云うのね、なんてね。

    ポップス作るのは大変そうだ。

    その点、ロックはそこまでしなくて構わない。

     

    いや、反対に、短編的な作品なんて聴く気がしない。

    もっともっとシンプルじゃないと。

    シンプルだけど、広ろがってゆくのがロックでしょう。

     

    やっぱ、女は欲張りやで!

    なんて、殺されそうや。

    でも、まあ、そういうこと。

    小松うどんにならって、「小松ロック」で行こうぜ!

    小松の中年野郎ども!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955804