RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロックは、切れ味と誤解ですよ | main | 福井行き無料バス >>
イーグルスを歌う
0

    10月18日   快晴   起床7時

     

    朝食     鳥胸肉とソーセイジの野菜スープ

           りんご

           青汁

           牛乳

     

    何故かぐっすり眠った。

    すぐにスープを作る。

    朝食後にシャワー。自転車でマッツへ。

     

    昔はほとんど興味のなかったイーグルスを歌ってみ

    ようと思う。

    取り合えず、「デスペラード」と「ホテル・C」を

    「ロック入門」でやってみるつもり。

     

    僕はウエストコースト系はデッド以外好きではない。

    ジャクソン・ブラウンとかニール・ヤングは退屈だ。

    西海岸風のサウンドもピンと来ない。

     

    昨今の彼らのコンサート・ビデオを観ると、客席は正装し

    た紳士シクジョ達が埋め尽くし、いかにも「我々は成功し

    たアメリカ人ですのよ」的な、頭の悪さを漂わせている。

     

    彼らのほとんどは民主党支持者だろう。

    正義派ぶったスノップ達の前で、J・テーラーは歌う。

      何を?

      もちろん「愛を」

    いややなー、堪忍してや!

     

    イーグルスもウエストコースト系のいやらしいバンドだと

    思っていたが、どうも違う。彼らはずっと「ハード・ワン

    」であり続けた。武骨で強情で、そして反都会派で、反文

    明的だ。

     

    日本人の保守派としては、「ホテル・C」の一節も歌えな

    いでは、アメリカ人に馬鹿にされる。それより、ドン・ヘ

    ンリーをコピーするのは面白そうだ。歌上手いしなー。

     

    昨日は福井競輪本開催の初日。

    本開催(場外ではなく、目の前で走る)だと無料バスが

    でる。小松駅9時40分発無料バスに乗車。

     

    粟津、片山津、加賀温泉、大聖寺、丸岡、福井。

    バスは1時間40分で福井競輪場に着いた。

     

    運よく1万5500円の3連単を引っ掛けた。

    連単1−4で3700円。

    3連単1−4−2で1万5500円。

     

    僕は連単4−1も買っていたが、1−4で来るであろうと

    確信していた。すなわち。「引っ掛けた」なんて買い方で

    はなく、連単1−4を本線にしていれば、財布はパンパン

    だったはずだ。

     

    ここですよ、ここ。

    自分の「カン」をどこまで信じるか。

    いや、ひと言で「カン」と云うけど、脳は色んな情報を吟

    味して結論出してるからね。

     

    自分の内なる声をいかに訊くか。

    いかに素直に、内なる声に、耳を傾けるか。

    これ、競輪だけじゃない。

    人の暮らしにはとても重要。

     

    帰りの無料バスは会話が弾んだ。

    新参者の僕は聞くだけだけど。

     

    「わしは大正14年生まれや」

    ほとんどの客は80を過ぎていたが、この人は100歳

    に近い。亡くなった僕の父親と同い年だ。

     

    時刻は午後6時を過ぎた。

    あたりは真っ暗。

    大正14年生まれのお年寄りは、かくしゃくとして、

    最寄りのバス停で降りて行かれた。

     

    横綱輪島は70歳で他界した。

    このところ70歳で死ぬ人が多い。

    心配しなくても日本の高齢化は進まない。

    僕等の世代は70歳前後でほとんど死ぬだろう。

     

    60過ぎまで生きれたら十分じゃないか。

    80だの90だの、飽食の時代に生きた者には無理だ。

    例え生きていても、体はボロボロで、歩けないに決ま

    ってる。

     

    映画「真夜中のカウボーイ」

    ラッツォウはバスの中で死んだ。

     

    出来れば、競馬場か、競輪場の帰りの無料バスの中で

    ひっそり死ねれば。

    「嗚呼、1−4をもう100円買うとけば良かった」

    そう思いながら人生が終わる。素敵ですねー。

     

     ーもう100円買うとけばー

     

    歌になるなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955805