RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< イーグルスを歌う | main | みんな詐欺師か? >>
福井行き無料バス
0

    10月20日   曇り   起床6時

     

    朝食    じゃがいもの味噌汁

          ソーセイジ&目玉焼き

          きゅうりのきゅうちゃん

          ご飯

          りんご

          青汁

     

    少しづつ涼しくなって来た。

    それにつれて食欲が増し、気が付けば一日4食。

    腹は再びせり出し、妊娠8か月状態となった。

     

    体は冬に向けて必死に脂肪を蓄えようする。

    「十分蓄えられとるから、タメ込まんでええぞ」

    その声は決して脳に届かない。

    ウヒヒヒ。

     

    昨日も無料バスで福井競輪場へ。

    天気がいいと、ほんと気持ち良い。

    なんせ、豪華な旅行用バスやからね。

    ゆったりして、人は少ないし。

     

    肝心の競輪は完敗。

    狙いどころはバッチリだったが、買い方をミスった。

    こんな日もある。

     

    荒れまくったので、帰りのバスの中はけっこう静か

    だったが、石川県に入り、福井の客がいなくなると

    俄然、お年寄りたちは話し出した。

     

    橋立の元漁師の話。

     

    「わしらの若い頃はよう遊んだけどな」

    「女郎屋か」

    「そうや、小松の清水町にも行ったぞ」

     

    「魚の入ったトロ箱ふたつ持っていけばヤレた」

    「ほう、そうか」

    「昭和30年ごろの職工の初任給は5千円ぐらいや、

     ほんで、女郎買うと300円で、泊まりは500円や」

     

    「煙草が一箱3円の頃やな」

    「そうや、わしは若かったから遊びとてな、マグロ船の

     給料高いってきいて、マグロ船に乗ったんや」

     

    「ええときは月に13万もろたな、200万で立派な家

     が建ったからな、そこらじゅうで女郎買うたわ、バク

     チもしたしな」

     

    小柄だけどガッチリした年寄りの話に、みな聞き入った。

     

    競馬場へのバスの中でこんな話は聞いたことがない。

    やはり、競輪やる男は威勢がいい。

     

    *******

     

    良い人ばかりの国は発展しない。

    「良いひと」は何もしない。

    「良いひと」は、実は監獄に入ってることに気付かない。

     

    慶応のヤサ男はいたぶった女を蹴り捨てた。

    「ヤリタイ」は昔も今も同じ。

    「ヤリタクナイ男」はオカマだ。

     

    フーテンの寅は母親に捨てられた。

    「だから寅は女に自分の意思を云えられないんです」

    山田監督はいった。

     

    以上は僕ではなく、僕が聞いたり見たりしたものだ。

     

    「実は監獄に入っている」はデスペラードの歌の中に

     あった。

    「常識的に生きるのはやめろ!」

     主人公は云う。その通りだ。

     

    兵隊時、毎日、上官にベルトのバックルで殴られ、戦場に

    置きざれにされ、それでも生き残った男の言葉を贈る。

     

       ー今の人間に無いのは、集中力だ!−

     

    この言葉に何も加えることはない。

    年寄りの云うことは黙って聴く。

    きっと、役に立つ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    ヤリタイ気持ちはある種の人たちにはみんなある。
    オトコもオンナもゲイも〜って思います〜

    浜崎あゆみも歌ってる〜
    ♪いい人って言われたってどうでもいい人みたい〜
    | arison | 2018/10/20 11:08 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955806