RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 福井行き無料バス | main | 切り貼りは気持ちいい。 >>
みんな詐欺師か?
0

    10月25日   快晴   起床5時

     

    朝食    ほうれん草と玉ねぎ入りの

          温かいソバ

          玉子巻き

          りんご

          青汁

     

    声をかけられた。

    ついに競輪の大物から声が掛かった。

    彼は72歳。僕より背が高く、ガッチリしている。

     

    「良かったらこの後食事でもどうやろ」

     

    僕は都合が悪くて断った。

    「でも先生、さっき腹が減ったって云うてましたな、

     わしの馴染の、旨い店行こうと思ったんですけど」

    大物は相当に儲けたらしい。

     

    「最終の3連単18万を200円買って36万。

     つぎ込んだ金は14万かな」

     

    「そんなデカイのどうしたら取れるの?」

    「つぎ込まんと取れません」

    「何か方法があるの?」

    「そりゃあります。わしだけのやり方が」

     

    次回はご馳走になると約束して別れた。

    「わしだけのやり方?」

    皆苦労して苦労して必勝法を見つける訳で。

    頑張らんとなー。

     

     −アラミスのオードトワレを買う事ー

     

    20代の頃。

    妻の父親が使っていたアラミスのシェービングクリーム

    を使わせてもらったが、とてもいい香りだった。

     

    でもそれ以来、アラミスはおろか、資生堂にも縁はなく、

    香水系は使ったことはない。

    先日。イタリアに行った妻からアフターシェーブを土産に

    もらった。

     

    一昨日。金沢大和の紳士コーナーに、アラミスが並んでい

    た。懐かしくて見てると「オードトワレ」と書いてある。

    僕は女店員を呼んだ。

    「オードトワレって、なんなの?」

     

    女店員はしっかり答えた。

    「これは、コロンより少し匂いが残ります。そんな香水

     です」

    「ほんなら、もらうわ」

    「えっ!お買いになります?」

     

    けっこう高かった。

    「手首にかけて、両方の手首で揉みます。それを首の

     両側につけて下さい。腰につける人もいます」

     

    「お客様!他のものはどうでしょう。髪関係とか」

    「残念ながら、髪はないのよ」

    「そうですかー」

    「妻からアフター・シェーブもらったんやけど」

    「あら、素敵ですね」

    「ディオールって書いてあったな」

    「うっへー!高級品ですよー」

     

    なかなか面白い子だった。

    それで、オードトワレだけど、まだ一度も使ってない。

    競輪場につけていくのはハバかられる。

    と、なると、「月光亭」しかないなー。

     

    年相応の、まともな大人のフリ、しようとしている。

    だいたいが、デパートの紳士服売り場に行くのがおか

    しい。

     

    なんか、自分の中に、詐欺師的暮らしに憧れるところ

    があるように思う。

     

    競輪が終わった電車の中で、山本七平読むのはおかしい。

    いや、産経新聞読んですぐに競輪するのもおかしい。

    サンスポなら分かるが。

     

    分かった!

     

    現代の男は、みんな、詐欺師や!

    そやから、オレオレ詐欺やナントカ詐欺が出来るんや。

    そうかいな、そうかいな、

    知らんかったのは、俺、ひとりかいな。

     

    みんな詐欺師なんや。

    楽になったわー、みんながそうなら仕方ない。

    昔から「隣百姓」云うて、上手な百姓の真似しとけば間

    違いないと、日本人は知っとるからな。

    そーかー、みんな、詐欺師かー。

    気の毒になー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955807