RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< みんな詐欺師か? | main | ロッカー達に告ぐ。 >>
切り貼りは気持ちいい。
0

    10月27日  雨のち晴れ  起床4時

     

    今日は忙しい。

    叔父さんの家に、みかんとバナナを届けなければ

    いけない。これは、母親に頼まれた。

    「叔父さんは一人やから、話し相手になってあげて」

     

    競輪新聞の整理。

    毎レースごとに切り貼りするが、溜まってしまった。

    貼り付けたノートを眺めていれば、独特の勘が働くか

    もしれない。

     

    ついでに「ロック・切り貼り・ノート」を作った。

    これは気に入った文章や、風景写真、人物写真、絵画、

    何でもいいからノートに貼り付る。創作のきっかけに

    しようと思う。

     

    実は午前4時から切り貼りを始めた。

    ハサミとノリでベタベタ貼り付ける。

    なかなかに充実した時間に思える。

     

    気持ちが前向きになる。

    「何でもやってやろうじゃないの!」的気分になる。

    非常に良いことかも。

     

    ハサミとノリとノートで心が高まるんだからね。

    ラッキー・シモノビッチ!

     

    今夜、マッツはクラブ・イベントで終わるのは深夜。

    バイトが足りなくて今日は新人を起用した。

    彼が無事乗り切ってくれればいいんだけど。

    以上が終われば、僕の「忙しい一日」も目出度く終わる。

     

    最後に、叔父さんとの会話を。

     

    「ずっと週刊新潮読んで来たけどな、今は面白くない」

    「新潮社も文芸春秋社も左に弱い」

    「新潮社は重病だな」

    「憲法改正で、みんな保守の衣を脱ぎ捨ててます」

    「だいたい自民党に右翼がおらんがな」

    「いませんね」

    「保守や云うても票にならんからな」

     

    大昔。

    叔父は姉の選挙に駆り出され、あげくに責任をかぶり、

    逮捕された。自宅には小学生になるかならないかの、

    ふたりの女の子がいた。

     

    選挙に協力してくれた人が、家庭訪問をした罪をかぶっ

    たんだと思う。警察は娘の目の前で叔父に縄を掛けた。

    「娘の前やから勘弁してくれんか」

     

    叔父は頼んだが聞き入れられなかった。

    警官の後ろにはテレビカメラが待っていた。

    叔父は勾留期限ぎりぎりまで釈放されなかった。

     

    同じく、僕の父親も文書違反で前科がついた。

    立候補した通称「姉さん」は、僕の母の姉だ。

    日本看護婦協会代表から、国立がんセンターの初代総婦

    長となり、入院してきた池田勇人氏に勧められ、福田派

    から参議院選挙(全国区)に出た。

     

    「姉さん」は従軍看護婦として、中国大陸を駆け回った。

    文字通り、敵に囲まれた中を、夜陰に紛れ、傷病兵を担

    いで逃げ回った。

     

    いつ襲われるか分からないので、「死に装束」はいつも手

    元に置いていた。終戦になり、彼女は髪を切り、男に化け

    、船で日本に帰って来た。

     

    彼女はナイチンゲール賞を受けた。

    葬式の日には皇后より「御所で摘んだ花束」が、空路小松

    に届き、香典をも頂戴した。

     

    話が長くなった。

    今回はこの辺で。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955808