RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 切り貼りは気持ちいい。 | main | 祭りを知らずに死ねるか! >>
ロッカー達に告ぐ。
0

    10月28日   曇りのち晴れ  起床8時

     

    深夜までの勤務を終え、家に帰ると午前2時だった。

    知らぬ間に茶の間で眠る。4時に目が覚め、二階の布

    団にもぐり込んだ。朝8時まで爆睡。

     

    朝食   焼き肉(たっぷりのキャベツを添えた)

         焼き豆腐を足した粕汁

         ご飯

         りんご

         青汁

     

    昨日はマッツと目と鼻の先の飲み屋で、高校の同窓会が

    あった。僕は仕事で出られなかった。夕刻、同級のB君

    が、マッツに顔を出した。

     

    「5分間だけお邪魔するぞ」

     

    これ、何気ないようで、こっちはとてもうれしい。

    B君のこまやかな気配りは、生まれついてだろう。

     

    「ブログ観たぞ、僕もディオールや、エエ匂いやもん」

     

    彼は高校時代からオシャレで、体形も変わらない。

    高校1年の頃はヘフナーのエレキベースを弾いていた。

    彼の好きなバンドはフィリピンのデ・スーナーズ。

    そして、ゴールデン・カップス。

    渋い!

     

    B君もそうだが、僕のまわりのほとんどはU・ターン組。

    東京の大学を出て、東京の会社に一度は就職し、帰って

    来た人が多い。

     

    中には今も東京を引きずってる者もいる。

    東京にやり残したことがあるのかな?

     

    僕は自称「田舎者」だけど、小松を田舎だと思ったことは

    一度もない。小松は生まれ故郷であり、僕の家族と、親戚

    と、同級生の住む街だ。

     

    妻と暮らした川崎には、かなりな愛着はあるが。

     

    そもそも、東京一極集中なんて、本当かな?

    自分の不甲斐なさを、東京のせいにしたい人間が考えた

    幻想じゃないかな。

     

    少子化を止めるなら、東京改革が一番。

    国会議員たちはそんなこと、百も、二百も、分かってて、

    何もしない。どうかしてるぜ。

     

    東京を必要とするのは、吉本とジャニーズじゃないの?

    要はテレビだ。テレビ局をどこかに移せば、それだけで東

    京には閑古鳥が鳴く。

    ウヒヒヒヒヒ、か・も・ね。

     

    故郷に集中しようや。

    住んでる街に集中や!

    偉そうなこと云う前に、まずは地味な一歩からや。

    ロック・ミュージシャンの役目を、ロック・ミュージシャン

    よ、しっかり考えてくれ。

     

    集中して、考えるんや。

    楽しいことを、面白いことを、考えるんやぞ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955809