RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロッカー達に告ぐ。 | main | リッキー・ドント・ルーズ・ザ・ナンバー >>
祭りを知らずに死ねるか!
0

    11月1日   マイ・バースデイ

     

    朝食   野菜・スープ

         目玉焼き

         ソーセイジ

         サラダ

         りんご

         青汁

     

    朝の羽鳥モーニングショウに橋下徹氏出演。

    番組コメンテーター、朝日新聞玉川氏が、解放された安田

    純平氏を、英雄と讃えたことについて対決した。

     

    玉川氏によれば、安田氏の家族がバッシングされていると

    のこと。世間ではまたも、自己責任論が蒸し返されている

    とか。

     

    多分、解放された直後の、安田さんの妻の態度に腹を立て

    た人が、バッシングしたのだろう。あの場で、あれこれ云

    うより、迷惑かけましたと、ひと言云えば良かった。

     

    隣に座る高木美保氏は最後に、「安田さんが会見する前

    に、英雄だとか云って、フライングした玉川さんなどの、

    プロの側にも大いに問題があったんですよ」

    これには玉川氏も自身の非を認めるしかなかった。

    なかなかですね、高木さんは。

     

    「ジャーナリストが偉いとか、そんな風潮はおかしいい

     ですよ、ジャーナリストも普通の仕事のひとつです。

     安田さんのへ批判は、かれの報告を聴いてからです」

     

    以上は橋下徹氏のコメント。なるほどね。

     

    渋谷のハロウィンの報道も少しおかしい。

    マスコミは「渋谷ハロウィン」を何年も煽り続けた。

    そして今年はコロッと変わって「渋谷はあぶない」と来

    た。あぶないのはお前らテレビのアホどもだ!

     

    商店の略奪も強盗も殺人も起きていない。

    酒飲んで羽目外したぐらいで、「渋谷は壊滅」なんて

    、これも煽り過ぎだぜ!テレビ野郎ドモ!

    若者は暴れたいに決まってるじゃねーか。

    そんなもん、世界共通だ!

     

    将来真っ暗気のバイト君や、非正規でしか働けない者や、

    顔がまずくて女の子に相手にされない者が、たまに小汚い

    渋谷で、気勢を上げるのは許してやれや。

     

    話は関連する。

    日本の庶民文化は、僕が子供の頃の方が遥かに豊だった。

    例えば小松の芦城公園。

     

    昔は、公園の真ん中で婆さんがラムネや菓子パンを売って

    た。芦城公園は、基本は原っぱで、孔雀やサルや熊が飼わ

    れていて、子供には最高の場所だった。

     

    今は、兼六園張りの庭園になっている。

    子供が遊べるスペースは無く、せいぜい花見の時に家族連

    れが訪れるだけの、ほとんど人のいない公園と化した。

     

    祭りについて。

    小松には春の「お旅まつり」と、秋の「ドンドン祭り」が

    ある。「お旅」は各町内が受け持ち、「ドンドン」は商工

    会議所が勧進元だ。

     

    この二つの祭りには、残念ながら解放感は全くない。

    何んか儀式に近い。子供歌舞伎に、市は力と金をつぎ込ん

    でいるが、小松市民はさっぱり盛り上がらない。

     

    「お旅まつり」も「ドンドン祭り」も、その使命を終えた

    と思う。「お旅」は伝統であり、「ドンドン」は物産振興

    が目玉で、両方ともそれなりに使命は果たした。でも今は

    何ほどのものでもなくなった。

     

    祭りに必要な、肝心かなめの、「熱気」はほとんど感じら

    れない。要は「アホになって狂う」が、僕の思う祭りであり

    、日頃のうっ憤を、力一杯吐き出せなければ、それを祭りと

    は呼べないんじゃないかな。それは、単なるイベントだろう。

     

    公園も祭りも、びっちり管理すればするほど駄目になる。

    公園に立派な松の木を何本も植えれば、造園業者はウハウ

    ハだが、肝心の、公園と云う、自由な空間からは遠くなっ

    た。

     

    僕は渋谷のハロウィンのバカ騒ぎを観ていて思う。

    この国は、面白くない方、面白くない方へ流れていると。

    スマホの面白さと、アホになれる祭りの面白さでは、勝負

    にならない。

     

    云うまでもなく、現代の新しい祭りは、ロックだ。

    ロックは、役立たずになった祭りを、もう一度復活させる

    ためのダイナマイトだ。

     

    この思いは、若者に引き継いで欲しい。

    ロックは音楽ではない。

    その地域の、新しくも古い祭りだ。

     

    ロックは祭りですよ。ウッドストックがそうであったように。

    渋谷センター街で、あなた満足出来ます?

    あんな場所で、あんな普段からケタタマシイ場所で。

    魂の洗濯、出来ますか?

     

    あんな場所で狂ったらアホですよ。

    馬鹿ずら下げた外国人と一緒なんて、御免だ!

    だから今の東京は駄目なのよ。

     

    入り口はあるけど出口がない。

    まあ、ホテル・カリフォルニア、ですかね?

    どうかな〜?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955810