RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 祭りを知らずに死ねるか! | main | 移民をどうする? >>
リッキー・ドント・ルーズ・ザ・ナンバー
0

    11月3日   晴れ   起床6時

     

    朝食    シイタケそば

          ポテトサラダ

          目玉焼き

          大量のキャベツ

          りんご

          青汁

     

    母親は11月1日(僕のバースデイ)を忘れていた。

     

    晩飯を喰い終え、ビスケットをポリポリ喰いながら、

    「ビスケット喰う誕生日かな」

    と云ったら、びっくりして「そうやった!」と思い出

    した。

     

    翌日は目出度く晩飯に寿司を喰い、トンカツを喰った。

    この歳だから、誕生日なんてどうでもいいんだけどね。

     

    市民病院の定期検査で血圧が高いと云われた。

    担当の女医は「心不全の危険がありますね」と云う。

    どうしたら血圧が下がるかは云わない。

    患者を不安がらせていることを、彼女は気付いてない。

     

    こっちは素人なんだからね。

    嘘でもなんでもいいから安心させてよ。

    そうでなければ、「治療しましょう」だ。

    どうでもいいと思ってることは云わないで欲しい。

     

    K君からメールが来た。

    ついにフェンダー・プレジジョン・ベースが届いた。

     

    「なんかしょうさ、忠平さん」

    そりゃそうだ、なんかせんといかん。

    「なんか」を、考えんとなー、ウヒヒヒ。

     

    今日の産経新聞。

    中条省平さんの「本ナビ」によれば。

     

    「キャッチャー・イン・ザ・ライ」が出版されたのは僕の

    生まれた1951年。翌52年に「老人と海」が出版され

    た。

     

    ーヘミングウェーの乾いた行動描写にかわって、サリンジ

     ャーの繊細な内面の表白が主流になった。日本の村上春

     樹だってその流れにいる。

     サリンジャーの時代は今も世界で続いているのであるー

     

    僕はこの「ライ麦畑で・・・」を2ページしか読んでない。

    まあ、今は読めるかもしれないが。

    J・D・サウザーではなく、J・D・サリンジャーの神経質そ

    うな顔写真が、読む気を失くさせた。

     

    僕は細身で神経過敏な作家は昔から苦手だ。

     

    そんなことは置いといて、彼の「ナイン・ストーリーズ」は

    読んでみようと思う。「バナナフィッシュ日和」なんて題名

    、面白そうだし。

     

    テレビから流れてきたのか?ラジオからか?ひとつのメロデ

    ィが頭の中に浮かんでいる。

    自転車でマッツに行く間も、このメロディは僕の唇から流れ

    出た。

     

    薪ストーブで温めた「粕汁」を、ひと口ひと口、スプーンで

    口に運んでるような、ゆったりした冬のメロディ。

     

    「白いメロ」とでも云おうか。

    なかなかに良い。明日も鼻歌で出てくればホンマもんだ。

    これを楽しみに今日は過ごそう。

      

      ー冬が来る前にー

     

    多分、詞を書くとしたらそんな感じだろう。

    それでは、また。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955811