RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 移民をどうする? | main | 良き日、良き夜。 >>
新しくいこうぜ、ニッポン!
0

    11月8日   晴れ   起床6時

     

    朝食    キムチ鍋

          鳥胸肉のソテー

          細切りキャベツ

          りんご

          青汁

     

    昨日は午後に自宅で、報恩講の御参りがあった。

    母は数日前から、これが気になって仕方がない風だった。

    とばっちりは僕にも降りかかり、住職に出す和菓子を買っ

    てくるように云いつけられた。

     

    僕は福井競輪の帰りに、福井市の西武デパートで和菓子を

    買った。ついでに、母に頼まれていたスカーフも。

    両方とも思っていたよりかなり安かった。

     

    でも僕は母に嘘をついた。

    「わざわざ金沢のデパートで買って来たんやからな」

    大嘘だ。

     

    母が見本にと僕に持たせたスカーフは小型で、西武にはそ

    んなのは無かった。中年の女店員はアチコチ駆けずり回り、

    ようやく中型のスカーフを見つけた。

     

    「これぐらいしか無いんです」

    「ああ、これでいいです。値段は幾らかな?」

    「一枚千円です」

    「セ・セ・センエン!安い!」

     

    僕は水色のと、黄色のと、二枚買った。

     

    母はどっちも気に入らなかった。

    安物を見抜いたのだろうか?

    このとき思った。

     

     ー勘のいい女は男の敵だー

     

    やっぱ、少しはぼんやりした女がいい。

    鋭いのは嫌だ。なんか、「腹の底までお見通しよ」では、

    いたたまれない。

     

      −酒はぬるめの燗が良い 肴は炙ったイカで良い

       女はぼんやりするが良いー

     

    まあ、そんな歌ないわな。

     

    ー米国中間選挙終わるー

     

    トランプさんも、敵の民主党も、勝利宣言した。

    これで良いんじゃないの。

     

    人間の心の中には「難民は可哀そうだ」と「難民は何を

    するか分からない」の、ふたつぐらいは誰にでもある。

     

    そのどちらか一つを選ばなければならないのが政治家だ。

    トランプが馬鹿だとか、人種差別主義者だと云うが、どん

    な人間も、馬鹿で、究極的には差別をする。

     

    米国民主党は、建前ではきれいごとを云い、今の共和党は

    本音を云う。それだけの違いだ。それを、米国が二極化し

    たかの様に叫びまくるマスメディアこそが、大馬鹿だ。

     

    もうひとつ。

    「資本主義では貧富の差が開く」も大嘘。

    共産主義の国こそが貧富の差が激しいじゃないか。

    頭で考える前に、現実を見た方がいい。

     

    僕は金払って自民党員だけど、自民党はリベラルだ。

    保守だと思えるのは、憲法改正を目指してることぐら

    いだ。

     

    野党も自民党も同じだと云ったら叱られるか。

    僕が望むのは「自分の国は自分で守る」だ。

     

    沖縄では「米軍出て行け!」と叫び、国会では日米安保を

    守り本尊として、自衛隊を軍にすることすら認めない野党

    の二枚舌は、矛盾しているどころではなく、狂っている。

     

    僕はトランプも、在日米軍も、両方とも信じない。

    世の中、何が起きるか分らない。

    米国の音楽が好きだからって、米国を信ずるほど単純じゃ

    ない。

     

    僕は日本も信じていない。僕は日本をまだ良く知らない。

    そうそう信じられるものなど、そこらにない。

    だから生きるのは面白い。発見するから面白い。

     

    知ったかぶりしたり、訳知り顔で生きるのは、パットしな

    い。変化がないからね、それじゃあ死んでるのと同じ。

     

    明治維新で出来たシステムはとうに錆びついてる。

    議会制民主主義も古いと思う。地方自治のシステムも。

    官僚主導は即刻廃止し、民間の知恵でこの国を動かしてい

    ける新しいシステムを、誰か、考えてくれや、な!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955813