RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 新しくいこうぜ、ニッポン! | main | 11月の晴れの日に >>
良き日、良き夜。
0

    11月11日   晴れ    起床6時

     

    朝食    目玉焼き

          ソーセイジ

          キャベツ

          

          りんご

          青汁

     

    昨日は金沢市総合体育館で、石川ブルーキャッツ対富山

    アクアフェアリーズを観戦。

    輪島のS君がチケットを取ってくれた。

     

    S君に寄れば、ブルーキャッツには新しく、タイのスーパ

    ースター、チャッチュオン・モクシー19歳が入り、ファ

    ンは特に彼女に注目してるらしい。

     

    このモクシー選手はえらい細く、えらい脚が長い。

    そしてとても可愛い。要の江畑幸子が試合に出れず、モク

    シー選手は、ほぼ出ずっぱりで頑張った。

     

    富山にはベルギーからの強力なストライカーがいて、彼女

    を中心にチームは一丸となり、ブルーキャッツを寄せ付け

    なかった。

     

    試合は負けたけど、僕は大満足。

    江畑を観れなかったのは残念だが。

    S君は今日の試合も観に行く。

    相手はNECレッドロケッツ。

    「強敵です」とのこと。

     

    夕刻、小松に移り、「えびすや」「月光亭」と、二人で

    酒を飲んだ。

    「今度は輪島で飲みたいから、S君、よろしくね」

    「はい、わかりました。では馴染のフィリピンパブで!」

    「ええっ!!」

     

    先週あたりから酒量がグンと上がった。

    血圧がかなり高いので、決して良いことではない。

    でも、ストレスは大いに発散している。

     

    昨晩も「月光亭」のカウンターで、馬鹿なことを云いまく

    った。始めて合った客が「俺はスタイルのいい女に良い服

    を着せたいんや」と、僕に向かって大ボケかました。

     

    「お前の云うとることは理解出来ん!」

    僕は躊躇なく突っ込んだ。

    「わしの嫁さんの身長は165僂笋掘

    ここで僕の頭の線が切れた。かなり酔ってもいたが。

     

    「そもそも良い服ってなんや!」

    「わしは金沢の竪町のベックで服を買うんや」

    「そんな店知らん!」

    「わしはヨーロッパ・スタイルや、この帽子も」

     

    彼はチロリアン風の帽子を僕に差し出した。

    その帽子はディオールの匂いがした。

    「お前、ディオールつこうとるやろ!」

    「えっ!なんでわかるん!」

    「わしも使っとるからや」

    「オタクも、ディオールけ?」

     

    こんな、アホ話を、大声でがなり立てた訳で。

    もう、発散しましたなー、スッキリや。

    チロリアンの男は50代とか。

    けっこうナイス・ガイで、お洒落だったけどね。

     

    「また会ったら声かけて良いけ?」

    「おう、またな」

    彼はガッチリ僕の手を握った。

     

    そんで「月光亭」からタクシー呼んでもらって・・・

    迎えに来たのは、黒髪の美人運転手で・・・

    そのタクシーに乗り込んで・・・・・・

    「忠平さん、探していたのよ」

    なんて云われて・・・・・・・ウヒヒヒ・・・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955814