RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 良き日、良き夜。 | main | 保守のバラッド「デスペラード」 >>
11月の晴れの日に
0

    11月15日   晴れ   起床4時

     

    朝食     目玉焼き

           ベーコン

           細切りキャベツ

           粕汁

           

           甘がき

           青汁

     

    ソロソロと思い、タンスからセーターと毛糸のチョッキ

    を出した。代わりに、夏用靴下、T-シャツ、半袖シャツ

    を仕舞った。この作業で午前中一杯掛かった。

     

    午後は机に向かい、手帳、コラージュ・ノート、日記、

    等を書いたり、整理したりした。

     

      − 冬が 来る前に ー

     

    12月は有っても無いようなものだ。

    ツラーッと過ぎる。11月はまだ頭が少しは働く。

     

    橋下徹さんの「政権奪取論」の続きを読む。

    会話形式なので読みやすいが、中身は濃い。

    20代の若者は、絶対読んだ方が良い。

     

    僕が美大に入って、確か最初の授業で、どこからか本が

    回って来た。題名は「共産党宣言」。なんとも懐かしい

    でしょう。でも僕は例によって、3ページ読んでやめた。

     

    「シュールレアリズム宣言」も3ページがやっとだった。

    僕の頭は非常に頑固で、読んで映像が結べないものを、

    ことごとく拒絶する。

     

    僕の脳は面倒くさがりだ。

    「うーん、車の運転は面倒くさそうだ、やめよう!」

    「パソコン?そんなもんパスやパス!」

    「スマホ?そんなもんもっての外や!」

     

    話はズレた。

     

    橋下さんは自民党に代わる政党をいかに作るかを、情熱

    と経験で書いた。その通りだと思う。是非読んで欲しい。

     

    僕は自民党員だけど、それは安倍さんが首相の間だけだ。

    安倍さんが退陣したら、多分、自民党は解党するんじゃな

    いかと思う。要するに、跡を継ぐ人材がいない。

     

    それよりも、橋下徹さんを中心に、旧民主党の野田さんや

    岡田さん、前原さんが集まった「塊」に期待する。

    二日ほど前、橋下、前原、小沢、の三人が会食したとか。

    いよいよ動き出した。

     

    またもやイーグルスについて。

     

    ここに来て、何でイーグルスなのか考えた。

    答えは簡単だった。

     − イーグルスは、女のことをあまり歌わない −

    これは僕に似ている。

     

    「デスペラード」を普通に聴けば、ラブソングだと日本人は

    思う。まあ、今の日本人は、何でもかんでもラブソングだと

    思ってるみたいだが。

     

    恋愛について作家・川上弘美はこう云った。

    「うーーーーん、どうでしょうね、まあ、あるとすれば、

     夫婦愛ですかねー」

     

    「世の中には男と女しかおらんのやから」

    良く聴くセリフだ。だからナンダと云うんだろう。

    「恋愛」とか「恋」を強制してないか?

    存在するかどうか良く分からないのに。

     

    自分の胸に訊いてみれば分かる。

    誰も恋愛などしていない。

    突き詰めるまでもない。

    恋愛しようがしまいが、恋しようがしまいが、

    どう思おうが、個人の自由だ。

     

    「恋愛も恋も、良く分からない」が、僕には近い。

    「男と女の色恋」なんてのは、ポップス野郎に任せとけ

    ばいい。ロックは違うでしょう。そこじゃない。

     

    その感覚が、僕とイーグルス、いや、デッドも同じ。

    「男として」「女として」生きるのが嫌だからロックが

    生まれた訳ですよ。

    そうですよね。

    これ基本ですから、動きませんから。

     

    でも、女嫌いじゃない。大好きです。

    女がいないと面白くない。

    でも、すべてではない。そうなんです。

    間違えない様に。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955815