RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 11月の晴れの日に | main | 好奇心があって穏やかな年寄り >>
保守のバラッド「デスペラード」
0

    11月17日   小雨   起床8時

     

    朝食    クリーム・シチュー

          焼き豚

          細切り玉ねぎ

     

          青汁

     

     

    ぐっすり眠った。

    お陰で体は快調。

    雨は少し降っているけど、カッパを着込んで

    自転車でマッツへ。

     

    昨日は「デスペラード」を検索して、歌を練習した。

    僕の手元には音源がない。

    ついでにU−チューブで、韓国の歌手が歌う「デスペラー

    ド」の映像を観た。

     

    名前はわからないが、上手いのが二人いた。

    やはりこの手を歌わせたら韓国は強い。

    ふたりともシャガレ声で、原曲より迫力があった。

     

    ドン・ヘンリーの声もシャガレている。

    韓国の歌い手は朗々と歌うが、ドンは刺すように歌う。

    シュアガレ声の使い方が、米国と韓国とでは少し違う。

     

    僕の声はシャガレていない。

    若い頃から、声がつぶれてもつぶれても回復した。

    回復しなければ、僕もシャガレたと思う。

     

    声がシャガレていれば、歌に説得力が出る。

    大いに得する。でも、シャガレない声なんだから仕方が

    ない。でも、そのうちにそんな事はどうでも良くなった

    けどね。

     

    それで。

    家でひとりで「デスペラード」を初めてマトモに歌って

    みた。久しぶりに正調で歌うので、何度も咳き込んだ。

     

    今は煙草をやめているが、吸っていた時は、少し高音を

    出すと、鬼のように咳き込んだ。

    大きな声で歌うには、最低、一週間かかった。

    でも今は、すぐに正調な声が出る。

     

    シャガレ声に利点は多いが、弱点もある。

    曲が長いと、途中からアキてくる。

    ジョー・コッカー然り。何とかボルトン然り。

    インパクトは強力だが、やっぱり飽きる。

     

    僕は「デスパレード」を人前で歌うつもりはない。

    ただ歌ってみたいだけだ。ドンちゃんを真似てみたい。

     

    歌は、歌いだしのタイミングが難しい。

    頭を上手く歌えればいいが、たいていはコンマ何秒か

    遅れる。この「入り」と、語尾(ごび)の「抜き」を

    上手く歌えれば、勝ったも同然なんだけど。

     

    ドン・ヘンリーはドラマーなので、「入り」のタイミング

    が細かく、おまけにシンコペも自由自在で、実にやっかい

    だ。語尾は以外にあっさりだけど。

     

    さてさて韓国問題。

     

    日本人は韓国人がしつこく、強情で、乱暴だと思ってる。

    でも、アッチから見たら、コッチも相当に変わった国だ。

    原爆落とされた米国に対する憎しみがない。或いは、過

    去はほとんど忘れている。ノーテンキな国に見える。

     

    でも、そんなことより、隣の国同士は仲が悪くて当たり前

    なんじゃないの。

    話せばきっと分かるとか、友好が一番とか、訳の分からな

    いことを、信じ込んで来た日本人の方が、かなり、お目出

    度い。

     

    中国は嫌い。韓国は嫌い。北は云うに及ばず。ロシアも大

    嫌い。これで良い。

    僕はアメリカも嫌いだし、英国も、ドイツも、フランスも

    嫌い。でも、それらの国に好きな人はいる。

     

    例えば、金沢の人間が、小松を好きだろうか?

    例えば、横浜の人間が、東京を好きだろうか?

    横浜の人間は東京人が大嫌いだ。

    横浜人は東京人を「カッコつけたペラペラの田舎者」と

    思っている。まあ、例えばだけどね。

     

    そんなもんで。

    隣同士は仲が悪くて当たり前。

    「冬のソナタ」は大例外。

    日本人の女もどうかと思ったけどね、僕の妻も含めて。

    でも、仕方ない。ドラマが面白過ぎた。

     

    四方八方海に囲まれた国と、大国ロシアと漢民族に挟ま

    れた国と、そりゃ違うでしょう。

    ノー天気に来た国と、いじめられまくって来た国は違う

    に決まってる。その違いを乗り越えるのは至難の業。

    そう思いませんか。

     

    「どうしようもないこと」

    どんな国にも、個人にもある。それを尊重しましょう。

     

    人間は悪の塊ですからね。

    あんまりきれいごとを信じ込むと不幸になる。

    ほどほどの幸せと、ほどほどの不幸で納得せんと。

     

    いやー、現実的やなー。

    いやいや、あんたね、保守ですから。

    保守点検の「保守」やないですから、よろしく!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955816