RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 保守のバラッド「デスペラード」 | main | 本気で頼むぞ!大阪 >>
好奇心があって穏やかな年寄り
0

    11月22日   小雨   起床5時

     

    朝食    大根の味噌汁

          納豆

          りんご

          青汁

     

    小松の街は冬模様。

    まあ、色がね、冬の色やね。

     

    えーっと、誤解のないように。

    前原さん、野田さん、岡田さん、小沢さん。

    ブログに登場して頂いたお歴々は、基本的には嫌い

    です。

     

    野田さんは尖閣を買ったまでは良かったけど、結局塩づけ

    にしてしまったし、岡田さんはフルスペックの集団的自衛

    権に、異常なほど反対した。前原さんは色々あり過ぎてど

    うもで、小沢さんはそもそも生理的に受け付けない。

     

    でも、彼らは橋下氏が云うように、政権を担った経験者。

    橋下氏が新党を立ち上げるときには必要な人材だ。

    まあ、この際、細かいことは気にしないで行きましょう。

     

    橋下氏が野党勢力を結集すれば、自ずと政権は手に入る。

    自民党では改革が出来ない。まず、官僚主導は御免こうむ

    りたい。官僚出身の県知事も禁止にして欲しいくらいだ。

     

    民間の知恵と力を目一杯政府機構に取り入れ、各大臣も民

    間人にすればいい。金を稼いだことのない官僚に、すべて

    を任せる時代はとうに去った。

     

    そして何より道州制を望む。

    石原さんが主張する単式簿記の廃止と、道州制とで、日本

    の財政は生まれ変わる。

    単式では無駄を見つけられないし、そもそもそれが、官僚

    たちの温床になってる。

     

    自民党は駄目だ。

    改革をする気がない。

    安倍首相に頑張ってもらったあとは、明治維新よりも強力

    な大改革を橋下氏に始めてもらいたい。

     

    改革無しに少子化は止まらない。

    元気のない国は潰れてゆく。

    いや、一億総現状維持的役人化してる日本で、誰が子供を

    産みますか?

     

    機は熟している。

    ちゃぶ台ひっくり返すなら今の内だ。

     

    大きな話の次になんだけど。

     

    競輪場に来る人達は何故か明るい。

    70代中盤から、90歳代までがほとんどだけど、皆さん

    非常にしっかりしていて、尚且つ、明るい。

     

    競輪は頭を使う。

    そして、記憶力を必要とする。

     

    どのレースもどのレースも、荒れるかもしれないし、荒れ

    ないかも知れない。だから、たいていの人は二通りか三通

    りの車券を買う。

     

    基本的に、三日目か四日目に優勝戦がある。

    例えば或る選手の成績。

    一日目は一着、二日目は3着、では三日目はどうか?

    ここを推理する。

     

    当然、一日目と二日目の調子が気になる。

    着順より調子だと僕は思う。

    そして、競輪には、ラインと云うものがある。

     

    石川県出身の選手と、岐阜の選手がいれば、近い県同士

    でラインを組む。

    例えば、3番と5番と7番がラインを組んだとする。

     

    先頭が3番なら、このラインは最終周回まで3−5−7

    とならんで走る。当然、他にもラインがある。

    先行し逃げ切ろうとする1−4−6の北関東ラインに、

    3−5−7は後ろから襲い掛かる。

     

    1−4−6は必死で逃げる。3−5−7も外から並びか

    け抜こうとする。

    ところがこの二つのラインがあまりに激しくやり合うと、

    後方でチンタラ走っていた9−2の九州ラインが楽勝す

    る。

     

    競輪は、絶対的な速さではなく、人間同士の駆け引きを推

    理するギャンブルだ。強い選手が常に勝つとは限らない。

    ここが、なんと云うか、哲学的ですねー。

     

    ー「速い」「強い」とは、一体どういう事か? ー

     

    競馬は速くて強い馬が勝つ。

    でも競輪はそんなに単純じゃないんですよ。

    ここんとこを、お年寄りたちはじっくり考える。

    どうです!なかなかでしょう。

     

    多分ですが。

    お年寄りたちは競輪があるから元気なんです。

    そして、各自、月に10数万は使ってる。

    年金のすべてと云ってもいいかも知れない。

     

    上品で、賢いお年寄りが多い。

    きちっと自己管理出来ないと、長くは続けられない。

    日本人の自己管理能力を、僕は競輪場で思い知った。

     

    穏やかな年寄りになりたい。

    自分にはきびしいが、他人には優しい年寄りに。

    ほんと、それが一番大事だ。

    てな訳で、またね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955817