RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 好奇心があって穏やかな年寄り | main | 末世にビビルな! >>
本気で頼むぞ!大阪
0

    11月25日   晴れ   起床5時

     

    朝食    ポーク・ソテー

          玉子巻き

          サラダ

          トースト

          りんご

          青汁

     

    寒くて目が覚めた。

    なんせ寝相が悪い。羽毛布団はいつか足元に飛び、

    毛布は二重三重に畳まれて用をなさない。

     

    なぜこんなに暴れるんだろう。

    もしベッドだったら毎日落下してる。

    いや、昔、ベッドで寝ていたが、よく落ちた。

     

    グッド・ニュースと、バッド・ニュースなら、年寄りは圧

    倒的に、グッドニュースを観たがる。

    年寄りには、バッドニュースに対する抵抗力が無い。

     

    母が嫌うのは「日本人のふたりに一人はガンです」と云う

    常套句。「本当か疑わしいし、気持ちが暗くなる」と。

     

    立憲民主党や国民民主党が、我ら国民に、グッド・ニュー

    スを伝えたことは、一度でもあっただろうか。

    不安をアオるしか能のない者達が、政党助成金でノウノウ

    と正義派振るサマは、アホらしくて話にもならない。

    芸が無いと云うか、ズレてると云うか、ナント云うか。

     

    フランス人がゴーンの肩を持つのは当たり前だ。

    それじゃー、日本人は日産を守れるかな?

    世耕産業大臣や外務大臣では無理だ。

    相手は手負いの仏大統領だから、コテンパンにやられる。

     

    あの手この手、世界史からの知識と知恵を総動員して、

    必死にかかって来るだろうなー。

    植民地作るのは彼らのお家芸、得意技だからね。

     

    2025大阪万博はグッド・ニュースだ。

    前回、僕は大学一年生だった。

    確か万博には二度行った。

     

    インド・バビリオンでは、インドを代表する超美人が出迎

    え、おまけに握手までしてくれた。日本人は気が狂ってイ

    ンド・バビリオンに押しかけ、美女の手を握り締めた。

     

    何十万人、何百万人が必死に手を握ったがために、美女の

    手はハレ、痛み、僕が行ったときにはお辞儀だけになって

    いた。

     

    会場での食い物は、史上最低最悪だった。

    僕はあれで、あの当時、大阪が大嫌いになった。

    カレーライスぐらいしか選べるメニューはなく、それがま

    たバカ高い値段で、おまけにシャバシャバのスープみたい

    な汁がかかった憐れなシロモノだった。

     

    でも会場にはそれしかなかった。

    大阪商人のドケチと、ヤラズブッタクリと、「あとはどう

    なろうと知らんわ」には、怒りを感じた。

     

    頼むぞ大阪!

    前回はたくさんの人が来たかも知れんが、月の石やら、ホワ

    イトタイガーやら、別嬪やらで、お茶を濁したような催しや

    った。

     

    時代はシビアやからね。

    悪口はあっと云う間に広がる。

    オオサカアキンドはもういらん!

    くれぐれも、信用の回復を願います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:26 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    生涯でオリンピックと万博を2回経験できるって喜んでおりますが、オリンピックはまだしも、万博は生きてるかどうかもわからんです〜。とりあえず維新まだ踏ん張れそうかな。
    | arison | 2018/11/25 10:57 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955818