RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 本気で頼むぞ!大阪 | main | 心を閉ざした男の歌イーグルス >>
末世にビビルな!
0

    11月29日   晴れ   起床6時

     

    朝食     鶏肉と白菜の炒め煮

           トースト

           牛乳

           りんご

           青汁

     

    天気が良い。

    すかさず洗濯して、自転車でマッツへ。

    出がけにアラミス・オードトワレを使用。

    今日は夜に会食がある。

     

    花田光司に続き相棒・及川も檀れいと離婚。

    うれしいような、アホらしいような。

    「愛なき世界」は、加速度をつけて広がる。

     

    愛なぞ無いのに、有ると思うから間違う。

    或る時ハタと気付く。

    「俺は彼女を愛してない。彼女も俺を愛してない」

    こんな感じかいな。

     

    所謂、末法の世に僕らはいる。

    何もかもが狂っているともいえるし、本来の姿になろう

    としてるとも云える。

     

    世の中には「愛せる人」と「愛せない人」がいる。

    女の事は分からないが、ほとんどの日本人の男は人を愛

    せない。残念ながら。

     

    愛は自然に湧き上がってくるようなものではない。

    相当に訓練し、苦しまないと身に付かない。

    故に、愛とは一体どんなものか、僕は知らない。

    多分、誰も知らない。僕らは訓練を受けていない。

     

    愛はなくてもいい。

    愛なんて言葉を使うから話がややこしい。

    要は、他人を思いやれる人に成れればいい訳で。

    でも、これがなかなかキツイ。

     

    愛が分からない人間にとって、恋愛は勘違い以外の何もの

    でもない。恋愛出来る人間もまた、訓練を受けた者に限ら

    れる。

     

    誰もが愛したり恋愛出来れば良いが、世の中はそう甘くな

    い。花田君は「卒婚」なんて言葉に逃げたが、本人も良く

    分かってない。彼に愛はない。でも、誰も彼を笑えない。

     

    話は変わるけど。

     

    技能実習生の失踪は、あらかじめ決まった行動らしい。

    警察OBに寄れば、そんなことは常識だとか。

    与党も、野党の先生たちも、それは先刻承知。

    承知の上で茶番を繰り広げる。

     

    低賃金に苦しんでとか、重労働でとか、そんな目に会って

    る人もいるが、ほとんどは実習生と云う肩書で入国し、予

    定の仕事をするため逃げる。

     

    前にも書いたかも知れないが。

     

    或る中年労働者が可愛いフィリピーナに惚れた。

    彼らは仲良くやっていたが強敵が現れた。

    ブラジル日系の男だ。

     

    フィリピーナは中年男を振り、ブラジル日系に走った。

     

    「フィリピンとブラジルは合うんです。馬鹿同士やから。

     ブラジルは口から出まかせ云うんです。あなたはお姫様

     やとかなんとか。日本人はそんなこと云えん!」

     

    そして彼は女を失った恨みを晴らす。

     

    「二人で仲良くマーケットにいました。俺はカーっと来て

     ブラジル男の腹に、思い切りの一発、ぶち込んでやりま

     した」

     

    物騒な話だが事実だ。

    文化の違いは思いがけないトラブルを生む。

    女が絡むと話はややこしい。

     

    宗教の縛り無し。

    道徳の縛り無し。

    ナンにも無し。

    それでもほどほど平和だから日本は凄い。

    でも夫婦は難しい。

     

    「女が外で酒を飲んで騒ぐようになったら終わりや」

    母はそう云う。昔の人の云うことは確かだ。

    何かが終わったのかもしれない。

     

    嘆くのは楽だ。

    「今日はアカン。ついとらん」

    なんて競輪場で思うなら、即、家に帰った方が良い。

     

    弱気になると悪運が次から次に現れる。

    情け容赦なくズタズタに引き裂かれる。

    アキラメは命取りだ。

     

    悲観してもいいがアキラメたら話が終わる。

    ギャンブルだけじゃない。世の中の定理だ。

    まあ、偉そうに云ってるけどね。

    アキラメる前に、デタラメになってみたら。

    ひょっとして3連単当たるかもよ!

    ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955819