RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 末世にビビルな! | main | 白く、フワフワして、眠くなる。 >>
心を閉ざした男の歌イーグルス
0

    12月2日    晴れ   起床6時

     

    朝食    トースト

          玉子巻き

          青汁

     

    妊娠8か月の腹がいよいよ膨らんだ。

    腹がきつくて自転車に乗れない。ウヒヒヒ。

    そこまではいかないけど、確かに腹が邪魔でペダルを

    漕ぎにくい。

     

    旨いもの食って、酒を飲んで、大声出してしゃべって

    いれば、誰だってデブになる。

    こうなったらメディスンに頼るか?

    それとも、エゴマ油を毎日飲もうかな。

     

    水色のストライブ・シャツと、ディープパープルのストラ

    イブと、2枚買った。

    新年に、クタクタのメンネル・シャツはアカンやろ。

     

    でもな〜、ネクタイがな〜、二本だしな〜。

    一本は人に貰ったガルシア・デザイン。一本は米国の中古

    屋で、一本500円で買ったラルフローレン。

     

    まあ、スーツは一着も持ってない訳で。

    サラリーマンじゃなかったら、スーツっていらないってこ

    とやね。

     

    「グレン・フライの軽さとドン・ヘンリーの重さが、イー

     グルスの魅力でしょうね。あの重さが、他のバンドには

     なかったんとちゃいますか」

     

    関西のロック関係者は、「いまさらだけど」と云う表情で

    僕に云った。僕は「ザ・バンドもデッドも重いけどね」の

    言葉を飲み込んだ。

     

    米国を、底から、根こそぎ否定した「ホテル・C」。

    自分自身を、他者として否定する「デスペラード」。

     

    かなりな無政府主義者か、変形右翼か?

    良く分からない。

     

    でも、僕はイーグルスが特別重いとは思わない。

    すべからく米国のバンドは思い込みが激しく、各々が異質

    だ。着てるものに頓着しないから、皆同じように見えるが

    、中身は違う。

     

    英国のバンドは常識的だ。

    スタイル・Cは労働党みたいだし、オアシスもツェッペリ

    ンも、労働者階級としての悲しみと誇りを漂わせる。

     

    イーグルスが他と違うのは、演奏と歌が完璧だと云う事。

    コーラス・ワークは他の追従を許さない。

     

    前にも書いたが。

     

    「呪われた夜」は英国オランピアスタジオで録音された。

    正にアメリカンなバンドだが、今に至る形を作ったのは、

    英国人プロデューサー、グリン・ジョーンズだった。

     

    当時、グリン・ジョーンズはストーンズとザ・フー等を受

    け持っていた。そんな多忙な時に、イーグルスからオファ

    ーを受ける。

     

    「もし英国で録音できるなら可能である」

     

    イーグルスは彼の条件を飲み、英国にやって来る。

    グリン・ジョーンズはスタジオで彼らの演奏を聴く。

     

    「これはどうにもならない」

     

    彼は初めてイーグルスを聴いてそう思った。

    そして、何故ロスアンジェルスではなく、ロンドンに来た

    かの理由に思い至った。

     

    「一曲をバンドの半分はカントリー風に演奏し、半分は

     黒人風に演奏していた。要するに、イーグルスのスタッ

     フは、この状態をどうにかして欲しくて、大西洋を渡っ

     たのだ」

     

    グリンはカントリー風を排除し「呪われた夜」を作る。

     

    そしてこの曲により、イーグルスは破竹の勢いでファンを

    増やし、「ホテル・カリフォルニア」の大ヒットに繋げて

    ゆく。

     

    とても面白い話だ。

    表には出てこないが、イーグルスの後ろには強力なブレー

    ンがいるのだろう。

     

    イーグルスの弱点は「管理されたバンド」にある。

    ドンとグレンの才能を信じ、大儲けを企んだ人間がいる。

    その呪いから彼らは自由になったのか?

     

    イーグルスに比べると、グレートフル・デッドの明るさが

    良く分かる。デッドのノーテンキはイーグルスには欠片も

    ない。だから僕はイーグルスに近づかなかった。

     

    でも、プロとしての悲哀と云うか、優秀なミュージシャン

    ゆえの行き場のなさと云うか、そんな自分自身への嫌悪と

    云うか。今となっては面白い。

     

    そう、悲哀だね。

    ドン・ヘンリーの悲哀。

    そこが好きだなー。

    頑固なハード・ワン。

    内心では愛されたくてたまらない男。

    心を閉ざした男。

    なかなか、貴重だよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955820